2015年08月13日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 616 count

スケールアヴィエーション9月号に空中戦艦大和の存在感はあるか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「存在感はあったかい?」

「あったぞ。それだけじゃない」

「というと?」

「今回の目玉には、ヤマトの主砲が含まれていた。列車砲のレオポルドもだけどな」

「どこが面白かった?」

「話題だけで言えば、やはり戦闘妖精がいちばん面白かったけどね」

「他に何か?」

「要するに空中戦艦大空飛ぶ代とは、艦これネタなのだがね。上手く流行りの事象を肯定して作品に取り込んでいる」

「それって、君があまり好きではないものだろう?」

「いや、そうなのだけどね。でも、この作品は、艦これを全面的に肯定しながらそれを完全に再現するといかにおかしい光景が招来するのかを、好ましい悪意を込めて描いている」

「悪意?」

「艦これを否定しないことが悪意なのだ」

「どういうこと?」

「艦これのデザインは軍艦のパーツが女の子に付いているものだ。だがスケールが本来は食い違っている。あれは本来なら成立しない立体なのだ。それを、卓越した技術によって成立させてしまうと何が起こるのか。それをやってしまったわけだ。楽しいねえ」

「それなら納得なのだね」

「そうだ。1つ1つの部分デザインは艦これでは全て記号なのだがね。その記号性を取り払って、全てリアリティのある立体として構成すると全体が破綻してしまうのだ。しかし、破綻が作品性になっている」

「それがアートの香りだね」

「あえて破綻した絵を描くのもアートだからね」

「アニメでやると作画崩壊と騒がれるわけだね」

ドール要素 §

「大空飛ぶ代さんの作りは完全にドールなのだがね」

「うん」

「出来合のドールの転用かと思ったら髪と目玉にドールのパーツを使っただけで、新規に作ったらしいぞ」

「見事だね」

「でもちょっと似てない」

「えー」

「似てないことはドールの世界で許されるから、これでいいのだ」

「えー」

「昔、水玉螢之丞さんがそういうことを書いていたこともあるな」

「合掌」

「もちろん最低限は似てるからね。新規に作っただけのことはある」

Uボート §

「下半身のパーツは何かな~と思ったらUボートだった。かつて作った作例で使い残したパーツを使ったらしい。そういう無駄の無い工作も好感ができるところ」

「Uボートか」

「しかし、胯間の前部が膨らんでいるのはどんな意味があるのだろう」

「見ているところがエッチだぞ」

「だが、解釈はしない」

「なんで?」

「みんなでいろいろな可能性を妄想した方が楽しいだろう?」

「だから小林誠さん本人に【あれはなんですか?】と質問しないわけだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
08月
14日
エリーサとスターシャはどこが食い足りないか
3days 0 count
total 759 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
08月
12日
小難しい理屈は宇宙戦艦ヤマトに必要か?
3days 0 count
total 652 count
2015年08月13日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 616 count

スケールアヴィエーション9月号に空中戦艦大和の存在感はあるか?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「存在感はあったかい?」

「あったぞ。それだけじゃない」

「というと?」

「今回の目玉には、ヤマトの主砲が含まれていた。列車砲のレオポルドもだけどな」

「どこが面白かった?」

「話題だけで言えば、やはり戦闘妖精がいちばん面白かったけどね」

「他に何か?」

「要するに空中戦艦大空飛ぶ代とは、艦これネタなのだがね。上手く流行りの事象を肯定して作品に取り込んでいる」

「それって、君があまり好きではないものだろう?」

「いや、そうなのだけどね。でも、この作品は、艦これを全面的に肯定しながらそれを完全に再現するといかにおかしい光景が招来するのかを、好ましい悪意を込めて描いている」

「悪意?」

「艦これを否定しないことが悪意なのだ」

「どういうこと?」

「艦これのデザインは軍艦のパーツが女の子に付いているものだ。だがスケールが本来は食い違っている。あれは本来なら成立しない立体なのだ。それを、卓越した技術によって成立させてしまうと何が起こるのか。それをやってしまったわけだ。楽しいねえ」

「それなら納得なのだね」

「そうだ。1つ1つの部分デザインは艦これでは全て記号なのだがね。その記号性を取り払って、全てリアリティのある立体として構成すると全体が破綻してしまうのだ。しかし、破綻が作品性になっている」

「それがアートの香りだね」

「あえて破綻した絵を描くのもアートだからね」

「アニメでやると作画崩壊と騒がれるわけだね」

ドール要素 §

「大空飛ぶ代さんの作りは完全にドールなのだがね」

「うん」

「出来合のドールの転用かと思ったら髪と目玉にドールのパーツを使っただけで、新規に作ったらしいぞ」

「見事だね」

「でもちょっと似てない」

「えー」

「似てないことはドールの世界で許されるから、これでいいのだ」

「えー」

「昔、水玉螢之丞さんがそういうことを書いていたこともあるな」

「合掌」

「もちろん最低限は似てるからね。新規に作っただけのことはある」

Uボート §

「下半身のパーツは何かな~と思ったらUボートだった。かつて作った作例で使い残したパーツを使ったらしい。そういう無駄の無い工作も好感ができるところ」

「Uボートか」

「しかし、胯間の前部が膨らんでいるのはどんな意味があるのだろう」

「見ているところがエッチだぞ」

「だが、解釈はしない」

「なんで?」

「みんなでいろいろな可能性を妄想した方が楽しいだろう?」

「だから小林誠さん本人に【あれはなんですか?】と質問しないわけだね」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
08月
14日
エリーサとスターシャはどこが食い足りないか
3days 0 count
total 759 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
08月
12日
小難しい理屈は宇宙戦艦ヤマトに必要か?
3days 0 count
total 652 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150813082942
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.