2015年10月19日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 596 count

国立新美術館 ニキ・ド・サンファル展

Written By: 川俣 晶連絡先

国立新美術館

「国立新美術館のニキ・ド・サンファル展に行ってきた」

「なぜ?」

「ちょっと豊満な女性の表現が気になったので」

「なぜ今日?」

「どうせ混む土日を外したかったので」

「それで結果はどうだった?」

「うん。結局、女性アーティストでありながら女性的な特徴を強調するような作品作りはレズビアン的であるし、女性の女性らしい暗部を隠さないのはやはり女性的な表現だと思う」

「銃を撃つことに関しては?」

「自分に足りない男性器的なものを、獣を撃つことで充足している……というような短絡的な話ではないだろうな。作品は面白かった」

「他に、何か?」

「何だかよくわからないものでも、じっと対話していると人の顔が見えてきたり、ちゃんと解釈可能だったよ」

「他に何か言いたいことは?」

「アニメ見て喜んでいるレベルでは、表現が抽象的過ぎて歯が立たないだろうな。おそらく、何も読み取れず『絵の勉強を基礎からやり直しましょう』とか勘違いした上から目線の感想を言うのだろうな。まあ。そんなことを言う連中は最初から入場料を払わないから来ないだろうけど」

「来ないだろうね」

オマケ §

「ニキ展の隣で二紀展やってたのは何のダジャレだ?」

「たぶん、単なる偶然だと思うよ」

オマケ2 §

「女性とは恐ろしいものだ。男なら誰でもそのことを知っているはずだ」

「それで?」

「その恐ろしいものも魅力と一緒に表現されていたと思う」

「ふーん」

「しかし、女性の恐ろしさが様々なものを駆動しているのも事実だろうという気がした。生身の女性を否定し、絵で描かれた絶対に毒を持たない記号を愛好するオタク的な価値観や、女性に差別的な復古の風潮も、背景に女性への恐怖感があるような気がするよ」

「じゃあ、アニメキャラの『俺の嫁』と言ったり、時計の針を逆回しにすれば問題は解決するのかい?」

「しないよ。どちらも単なる勘違い」

「なんで?」

「女性の恐ろしさは女性という存在そのものに内在するものであって、扱い方を変えてもそれは消えない。むしろ、変に抑圧すると爆発する可能性すらある」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2015年
10月
24日
府中市郷土の森博物館・企画展「ムダ堀の謎をさぐる」・プラネタリウム「ポケットモンスター XY」
3days 0 count
total 743 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2015年
09月
24日
新川丸池公園・三鷹市遺跡調査会展示室
3days 0 count
total 900 count
2015年10月19日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 596 count

国立新美術館 ニキ・ド・サンファル展

Written By: 川俣 晶連絡先

国立新美術館

「国立新美術館のニキ・ド・サンファル展に行ってきた」

「なぜ?」

「ちょっと豊満な女性の表現が気になったので」

「なぜ今日?」

「どうせ混む土日を外したかったので」

「それで結果はどうだった?」

「うん。結局、女性アーティストでありながら女性的な特徴を強調するような作品作りはレズビアン的であるし、女性の女性らしい暗部を隠さないのはやはり女性的な表現だと思う」

「銃を撃つことに関しては?」

「自分に足りない男性器的なものを、獣を撃つことで充足している……というような短絡的な話ではないだろうな。作品は面白かった」

「他に、何か?」

「何だかよくわからないものでも、じっと対話していると人の顔が見えてきたり、ちゃんと解釈可能だったよ」

「他に何か言いたいことは?」

「アニメ見て喜んでいるレベルでは、表現が抽象的過ぎて歯が立たないだろうな。おそらく、何も読み取れず『絵の勉強を基礎からやり直しましょう』とか勘違いした上から目線の感想を言うのだろうな。まあ。そんなことを言う連中は最初から入場料を払わないから来ないだろうけど」

「来ないだろうね」

オマケ §

「ニキ展の隣で二紀展やってたのは何のダジャレだ?」

「たぶん、単なる偶然だと思うよ」

オマケ2 §

「女性とは恐ろしいものだ。男なら誰でもそのことを知っているはずだ」

「それで?」

「その恐ろしいものも魅力と一緒に表現されていたと思う」

「ふーん」

「しかし、女性の恐ろしさが様々なものを駆動しているのも事実だろうという気がした。生身の女性を否定し、絵で描かれた絶対に毒を持たない記号を愛好するオタク的な価値観や、女性に差別的な復古の風潮も、背景に女性への恐怖感があるような気がするよ」

「じゃあ、アニメキャラの『俺の嫁』と言ったり、時計の針を逆回しにすれば問題は解決するのかい?」

「しないよ。どちらも単なる勘違い」

「なんで?」

「女性の恐ろしさは女性という存在そのものに内在するものであって、扱い方を変えてもそれは消えない。むしろ、変に抑圧すると爆発する可能性すらある」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2015年
10月
24日
府中市郷土の森博物館・企画展「ムダ堀の謎をさぐる」・プラネタリウム「ポケットモンスター XY」
3days 0 count
total 743 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2015年
09月
24日
新川丸池公園・三鷹市遺跡調査会展示室
3days 0 count
total 900 count
【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト【歴史資料館巡り】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20151019163943
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.