2016年03月29日
トーノZERO映画感想total 472 count

感想・映画「仮面ライダー1号」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ちょっと咳き込んで体調が悪かったが映画館に行ってきた」

「なぜこの映画を見たの?」

「最近のライダー映画は皆勤賞なので」

「理由はそれだけ?」

「そう。かなりスカを引く覚悟はしてあえて見に行った」

「実際に見てどうだった?」

「ぜんぜん分からなかったねえ。この映画は結局何が言いたかったのか」

「誉めてる人はいるよ?」

「格好いい藤岡弘さんを見たい人は満足したのかもしれない」

「どこに問題があるの?」

「ストーリーの組み立てがまず昭和の子供番組。それからストーリーが何も語っていない。せっかく立花籐兵衛の孫娘が出ているのに、立花籐兵衛との関連性がほとんどなく、アレクサンダーのアイコンの入れ物ってぜんぜん何が言いたいのか分からない。しかも、死んで燃やされている1号がなぜか蘇るのも良く分からない。必死に胸を押さえる藤岡弘の演技はなんだったのか。ガキの言いなりになる本郷猛も何か変な感じだし、改造人間に悲哀的なものは感じられないし、アクションのキレは甘いし、バイクに乗ってもあまりスピード感が無いし、それから……」

「もういいよ。せめて何か1つ誉めてくれ」

「ノバショッカーの女幹部が怪人に変身しないでアクションしていたのは良かった。せっかくの色気を隠すことはないよね」

うがった見方をすれば §

「結局、うがった見方をすれば、この映画は【ライダー1号は既に死んでいるがベルトの力で動いている】と言っているのかも知れない」

「どの辺からそう思うの?」

「命に強くこだわり続ける本郷猛。客演は既に死んでいる仮面ライダーゴースト。地獄大使も既に死んでいた存在で、ことが終わると滅んで消えていく。燃やされても炎の中から蘇るライダー1号は、【動く死体である】と解釈するしかない。ベルトの力で動いている死体だ」

「まさか」

「結局、1号は仮面ライダーV3の序盤で死んでいる。いや、それ以前に死んでいたかもしれない。その後の1号は全て動く死体あるいは幻想に過ぎないってことだ」

「ゴーストと同じように?」

「そうだな」

その他 §

「結局、ヤマト2199でのささきいさおさんと同じことで、いくら元気でも老人を酷使してもいいことはない、という感想を持った」

「藤岡弘さんの【この年齢でこれは見事】は、最盛期と同じことを意味しないわけだね」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2016年
03月
30日
感想・映画「メンフィス・ベル(1944)」
3days 0 count
total 252 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2016年
03月
28日
感想・映画「メンフィス・ベル(1990)」
3days 0 count
total 382 count
2016年03月29日
トーノZERO映画感想total 472 count

感想・映画「仮面ライダー1号」

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「ちょっと咳き込んで体調が悪かったが映画館に行ってきた」

「なぜこの映画を見たの?」

「最近のライダー映画は皆勤賞なので」

「理由はそれだけ?」

「そう。かなりスカを引く覚悟はしてあえて見に行った」

「実際に見てどうだった?」

「ぜんぜん分からなかったねえ。この映画は結局何が言いたかったのか」

「誉めてる人はいるよ?」

「格好いい藤岡弘さんを見たい人は満足したのかもしれない」

「どこに問題があるの?」

「ストーリーの組み立てがまず昭和の子供番組。それからストーリーが何も語っていない。せっかく立花籐兵衛の孫娘が出ているのに、立花籐兵衛との関連性がほとんどなく、アレクサンダーのアイコンの入れ物ってぜんぜん何が言いたいのか分からない。しかも、死んで燃やされている1号がなぜか蘇るのも良く分からない。必死に胸を押さえる藤岡弘の演技はなんだったのか。ガキの言いなりになる本郷猛も何か変な感じだし、改造人間に悲哀的なものは感じられないし、アクションのキレは甘いし、バイクに乗ってもあまりスピード感が無いし、それから……」

「もういいよ。せめて何か1つ誉めてくれ」

「ノバショッカーの女幹部が怪人に変身しないでアクションしていたのは良かった。せっかくの色気を隠すことはないよね」

うがった見方をすれば §

「結局、うがった見方をすれば、この映画は【ライダー1号は既に死んでいるがベルトの力で動いている】と言っているのかも知れない」

「どの辺からそう思うの?」

「命に強くこだわり続ける本郷猛。客演は既に死んでいる仮面ライダーゴースト。地獄大使も既に死んでいた存在で、ことが終わると滅んで消えていく。燃やされても炎の中から蘇るライダー1号は、【動く死体である】と解釈するしかない。ベルトの力で動いている死体だ」

「まさか」

「結局、1号は仮面ライダーV3の序盤で死んでいる。いや、それ以前に死んでいたかもしれない。その後の1号は全て動く死体あるいは幻想に過ぎないってことだ」

「ゴーストと同じように?」

「そうだな」

その他 §

「結局、ヤマト2199でのささきいさおさんと同じことで、いくら元気でも老人を酷使してもいいことはない、という感想を持った」

「藤岡弘さんの【この年齢でこれは見事】は、最盛期と同じことを意味しないわけだね」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2016年
03月
30日
感想・映画「メンフィス・ベル(1944)」
3days 0 count
total 252 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2016年
03月
28日
感想・映画「メンフィス・ベル(1990)」
3days 0 count
total 382 count
【映画感想】のコンテンツ全リスト【映画感想】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20160329145300
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.