2016年08月22日
川俣晶の縁側模型局スケールモデルtotal 274 count

Fujimi 1/700 特シリーズ妙高【最終時】

Written By: 川俣 晶連絡先

「Fujimi 1/700 特シリーズ妙高型が妙に同クラスの他の製品に比べて安くてな。ウォーターラインシリーズ時代の金型でもないし、比較的新しい世代の製品であるはずだ。理由がよく分からないので買ってみた」

Fujimi 1/700 特シリーズ妙高【最終時】

「それで、作った感想は?」

「死ぬほど細かい。あらゆるテクニックを総動員した。ともかく大変。これはもう作っただけで偉い。何かに挑戦したい人が作るキットだろう」

「なるほど」

「それでも、一応全てのパーツを付けた自分は立派。ちゃんと付いてないパーツはあるけどな」

「それでも付けただけ立派と」

「碇は1つ紛失したのだが、このパーツの細かさで無くしたパーツが1つきりとは立派だ」

「じゃあ、碇が1つ足りないの?」

「いや、未使用ストックのWランナーから碇を1つもらってきたので付いてるよ。これはFujimiのキットではあるが、碇1つだけTamiyaワールドに侵食されている」

「ウォーターラインシリーズの妙高はタミヤだっけ?」

「いや、ハセガワ」

「ぎゃふん」

「もう1つ無くしたと思ってランナー屑を付けたパーツもあるのだが、これはあとから発見して付け直した。正しい部品が付いている」

感想 §

「死ぬほど大変だが実作業時間は二晩で作った」

「スピード建造じゃないか」

「普通に作ったらこんなスピードは出ない」

「作りあげた感想は?」

「作るとやっぱり妙高の面構えになる。そこは良かった」

「妙高の面構えと高雄の面構えと最上の面構えをパッと見ただけで区別できるのもどうかと思うけど」

「艦橋を見ると明確に違って見えるよ」

「それはマニアだけだ」

オマケ §

「このキットは、第2次改装時と最終時を選べる。最終時の方が付けるパーツは多いから大変だが、賑やかな方が見栄えが良いので最終時で作った。ただし迷彩は入れていない」

「それで?」

「問題は魚雷発射管。このキットは四連装四基の発射管を搭載し、16発の予備魚雷を積んでいる解釈で作られているが、実際に最終時に発射管がいくつで何本の予備魚雷を持っていたかを調べるとまちまちでな。魚雷発射管を二基降ろした説もあれば降ろしていない説もある」

「それで?」

「結局何が何やら分からないので、一応説明書通り組んである」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側模型局スケールモデル
【スケールモデル】の次のコンテンツ
2016年
10月
03日
思い出の【妙高】再現計画・甲板ブラウン版妙高
3days 1 count
total 177 count
【スケールモデル】の前のコンテンツ
2016年
08月
08日
Hasegawa 1/700 ウォーターラインシリーズ戦艦三笠
3days 4 count
total 465 count
2016年08月22日
川俣晶の縁側模型局スケールモデルtotal 274 count

Fujimi 1/700 特シリーズ妙高【最終時】

Written By: 川俣 晶連絡先

「Fujimi 1/700 特シリーズ妙高型が妙に同クラスの他の製品に比べて安くてな。ウォーターラインシリーズ時代の金型でもないし、比較的新しい世代の製品であるはずだ。理由がよく分からないので買ってみた」

Fujimi 1/700 特シリーズ妙高【最終時】

「それで、作った感想は?」

「死ぬほど細かい。あらゆるテクニックを総動員した。ともかく大変。これはもう作っただけで偉い。何かに挑戦したい人が作るキットだろう」

「なるほど」

「それでも、一応全てのパーツを付けた自分は立派。ちゃんと付いてないパーツはあるけどな」

「それでも付けただけ立派と」

「碇は1つ紛失したのだが、このパーツの細かさで無くしたパーツが1つきりとは立派だ」

「じゃあ、碇が1つ足りないの?」

「いや、未使用ストックのWランナーから碇を1つもらってきたので付いてるよ。これはFujimiのキットではあるが、碇1つだけTamiyaワールドに侵食されている」

「ウォーターラインシリーズの妙高はタミヤだっけ?」

「いや、ハセガワ」

「ぎゃふん」

「もう1つ無くしたと思ってランナー屑を付けたパーツもあるのだが、これはあとから発見して付け直した。正しい部品が付いている」

感想 §

「死ぬほど大変だが実作業時間は二晩で作った」

「スピード建造じゃないか」

「普通に作ったらこんなスピードは出ない」

「作りあげた感想は?」

「作るとやっぱり妙高の面構えになる。そこは良かった」

「妙高の面構えと高雄の面構えと最上の面構えをパッと見ただけで区別できるのもどうかと思うけど」

「艦橋を見ると明確に違って見えるよ」

「それはマニアだけだ」

オマケ §

「このキットは、第2次改装時と最終時を選べる。最終時の方が付けるパーツは多いから大変だが、賑やかな方が見栄えが良いので最終時で作った。ただし迷彩は入れていない」

「それで?」

「問題は魚雷発射管。このキットは四連装四基の発射管を搭載し、16発の予備魚雷を積んでいる解釈で作られているが、実際に最終時に発射管がいくつで何本の予備魚雷を持っていたかを調べるとまちまちでな。魚雷発射管を二基降ろした説もあれば降ろしていない説もある」

「それで?」

「結局何が何やら分からないので、一応説明書通り組んである」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側模型局スケールモデル
【スケールモデル】の次のコンテンツ
2016年
10月
03日
思い出の【妙高】再現計画・甲板ブラウン版妙高
3days 1 count
total 177 count
【スケールモデル】の前のコンテンツ
2016年
08月
08日
Hasegawa 1/700 ウォーターラインシリーズ戦艦三笠
3days 4 count
total 465 count
【スケールモデル】のコンテンツ全リスト【スケールモデル】の表紙

フジミ模型 1/700 特シリーズ No.7 日本海軍重巡洋艦 妙高 プラモデル 特7
フジミ模型 1/700 特シリーズ No.7 日本海軍重巡洋艦 妙高 プラモデル 特7
-----
Price:
¥ 1,245

Amazon.co.jp(TM) Logo

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20160822141400
サイトの表紙【スケールモデル】の表紙【スケールモデル】のコンテンツ全リスト 【スケールモデル】の入手全リスト 【スケールモデル】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Google

Powered by MagSite2 Version 0.24 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2015 Pie Dey.Co.,Ltd.