2016年12月09日
川俣晶の縁側模型局スケールモデルtotal 181 count

Hasegawa 1/72 ファントムII F-4EJ (旧金型)

Written By: 川俣 晶連絡先

ファントムII

ファントムII

「なぜこれを作ろうと思ったの?」

「子供の頃、航空自衛隊に来た新鋭機がファントムだった。プラモデルも出てきた。その時、親爺が作ったファントムはこれじゃないかと思ったので」

「それだけ?」

「そして、完成品を子供部屋に吊したが、すぐ落ちた。何度も落ちて最後に諦めた。思い出のファントム」

「実際に作ってどう?」

「スパロー4発のみだがタンクが多くて下面は淋しくない。たぶん、このファントムが親爺が当時作ったファントムそのものだろう」

「同じ金型?」

「おそらくそう」

「全く同じと考えて良い?」

「垂直尾翼のマークが違った気がする」

「デカールは金型とは別だね」

「まあ、そうだと思うがグレーで下面が白いカラーリングは同じだから些細な問題だ」

「実際に作った感想はどう?」

「凄く作りにくいよ。翼と胴体の間に隙間できるし。流し込み接着剤がまだ無い時代に、律儀にヤスリとパテで、これを丁寧に作った親爺は忍耐強かったと思う」

「他に気付いたことはある?」

「スパローがね、4方向全ての翼が付いているのかと思ったら3方向だけだった」

「自分で作ると分かるわけだね」

「それから、これこそが自分のファントムだと分かったよ。グレーで下が白の1/72ファントム。これがいちばんしっくりきた」

「子供の頃に刷り込まれているからだね」

「それに、このキットならおかわり何杯でも行けそうだ」

「新金型は?」

「パーツが多すぎる上に分割しすぎて段差ができやすい」

「旧金型ならすぐ組める?」

「すぐ組めない箇所もあるが、ずっと楽なのは確かだろう」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側模型局スケールモデル
【スケールモデル】の次のコンテンツ
2017年
01月
02日
Hasegawa 1/72 F-8E クルセイダー
3days 4 count
total 113 count
【スケールモデル】の前のコンテンツ
2016年
11月
21日
Tamiya 1/700 阿賀野
3days 4 count
total 157 count
2016年12月09日
川俣晶の縁側模型局スケールモデルtotal 181 count

Hasegawa 1/72 ファントムII F-4EJ (旧金型)

Written By: 川俣 晶連絡先

ファントムII

ファントムII

「なぜこれを作ろうと思ったの?」

「子供の頃、航空自衛隊に来た新鋭機がファントムだった。プラモデルも出てきた。その時、親爺が作ったファントムはこれじゃないかと思ったので」

「それだけ?」

「そして、完成品を子供部屋に吊したが、すぐ落ちた。何度も落ちて最後に諦めた。思い出のファントム」

「実際に作ってどう?」

「スパロー4発のみだがタンクが多くて下面は淋しくない。たぶん、このファントムが親爺が当時作ったファントムそのものだろう」

「同じ金型?」

「おそらくそう」

「全く同じと考えて良い?」

「垂直尾翼のマークが違った気がする」

「デカールは金型とは別だね」

「まあ、そうだと思うがグレーで下面が白いカラーリングは同じだから些細な問題だ」

「実際に作った感想はどう?」

「凄く作りにくいよ。翼と胴体の間に隙間できるし。流し込み接着剤がまだ無い時代に、律儀にヤスリとパテで、これを丁寧に作った親爺は忍耐強かったと思う」

「他に気付いたことはある?」

「スパローがね、4方向全ての翼が付いているのかと思ったら3方向だけだった」

「自分で作ると分かるわけだね」

「それから、これこそが自分のファントムだと分かったよ。グレーで下が白の1/72ファントム。これがいちばんしっくりきた」

「子供の頃に刷り込まれているからだね」

「それに、このキットならおかわり何杯でも行けそうだ」

「新金型は?」

「パーツが多すぎる上に分割しすぎて段差ができやすい」

「旧金型ならすぐ組める?」

「すぐ組めない箇所もあるが、ずっと楽なのは確かだろう」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側模型局スケールモデル
【スケールモデル】の次のコンテンツ
2017年
01月
02日
Hasegawa 1/72 F-8E クルセイダー
3days 4 count
total 113 count
【スケールモデル】の前のコンテンツ
2016年
11月
21日
Tamiya 1/700 阿賀野
3days 4 count
total 157 count
【スケールモデル】のコンテンツ全リスト【スケールモデル】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20161209115340
サイトの表紙【スケールモデル】の表紙【スケールモデル】のコンテンツ全リスト 【スケールモデル】の入手全リスト 【スケールモデル】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Google

Powered by MagSite2 Version 0.24 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2015 Pie Dey.Co.,Ltd.