君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

2017年02月28日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 885 count

大戦末期の下高井戸駅には既に貨物側線が無かった!?

Written By: 川俣 晶連絡先

「面白かったので、メモだ」

「世田谷線の単線がそんなに面白いのかい?」

「違うぞ」

「じゃあいったい何が面白いんだ?」

「いいかい。世田谷線から資材供出のために単線になったという図面に、京王線下高井戸駅の貨物側線が既に無いんだよ。この意味が分かるかい?」

「どんな意味だい?」

「世田谷線の線路が一部撤去された。ならば、それに先だって京王線からも撤去されたのではないだろうか。撤去されたのは貨物側線ではないだろうか」

「なるほど」

「もう1つ疑問が出てきた」

「まさか」

「終戦後、徐々に京王線の編成は長くなっていき下高井戸駅のホームは延長されて貨物側線の用地は潰されていく。その際、貨物側線は復活してからまた撤去されたのだろうか。それとも撤去されたままホームが延長されたのだろうか」

「昭和史のブラックホール、昭和20年代問題に帰着するわけだね」

「おそらくそうだ。ただ雰囲気的に編成の長大化の方が先に進行しているような気もする。2600系が昭和25年にもう登場しているのでね」

「下高井戸一つでまだまだ話は続くわけだね」

オマケ §

「この資料、自分は見てない」

「なんで?」

「おそらく自分は京王関係の資料しか見てないがこれは世田谷線関係だからだ」

「なんて微妙な」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2017年
03月
07日
松ノ木運動場に存在した高射砲陣地への言及を発見
3days 0 count
total 1044 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2017年
02月
04日
今日のD51探索結果のまとめ
3days 0 count
total 635 count


君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20170228114901
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.