2017年03月16日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 550 count

経堂・宇奈根間の小田急電鉄出願路線

Written By: 川俣 晶連絡先

「このブログ記事の地図が面白かった」

「どこが?」

「西武の多磨墓地前・杉並車庫間の出願路線が描かれている。多磨墓地前までの西武未成線は自分も注目するところは大だ」

「でも大した情報は無いよ」

「そうだな。しかし、もっと面白いものがあった」

「なんだよ」

「経堂・宇奈根間の小田急電鉄出願路線」

「は? 共同はともかく、宇奈根ってどこ?」

「東名高速の東側。野川と多摩川の中間の領域。砧や大蔵に近い」

「宇奈根に凄い団地とか凄い住宅密集地とか凄い観光地があるの?」

「別に無いな」

「じゃあ、謎だな」

「謎と決めつけたものではない」

「どういうこと?」

  • 都営ゴルフ場(現砧公園)を経由する
  • 移転してきたばかりの農大を経由する
  • 馬事公苑を経由する
  • NHK技研を経由する
  • 終点宇奈根は、東急砧線の終点に隣接している

「つまり、遊興客も学生も砂利輸送も期待できたってこと?」

「そうかもしれない。割と鉄道空白地帯もカバーするし、何らかの勝算があっての計画ではないか、という気もする」

「では、なぜ実現しなかった? 今に至っても実現していない?」

「戦後の混乱期に新路線を建設するのは難しいし、多摩川の砂利輸送も下火になっていく一方だ。建設費も高騰する一方だ。しかも、農大に行くだけなら経堂から歩けば十分だし。必要性は薄いと思う」

「NHKの技研とか砧公園は意外と不便だよ」

「かといって、鉄道を引くほどの輸送需要があるとも思えない」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2017年
03月
23日
重油タンク、重油バーナーが外されたD51重油併燃機の見分け方!?
3days 2 count
total 556 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2017年
03月
07日
松ノ木運動場に存在した高射砲陣地への言及を発見
3days 2 count
total 491 count
2017年03月16日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 550 count

経堂・宇奈根間の小田急電鉄出願路線

Written By: 川俣 晶連絡先

「このブログ記事の地図が面白かった」

「どこが?」

「西武の多磨墓地前・杉並車庫間の出願路線が描かれている。多磨墓地前までの西武未成線は自分も注目するところは大だ」

「でも大した情報は無いよ」

「そうだな。しかし、もっと面白いものがあった」

「なんだよ」

「経堂・宇奈根間の小田急電鉄出願路線」

「は? 共同はともかく、宇奈根ってどこ?」

「東名高速の東側。野川と多摩川の中間の領域。砧や大蔵に近い」

「宇奈根に凄い団地とか凄い住宅密集地とか凄い観光地があるの?」

「別に無いな」

「じゃあ、謎だな」

「謎と決めつけたものではない」

「どういうこと?」

  • 都営ゴルフ場(現砧公園)を経由する
  • 移転してきたばかりの農大を経由する
  • 馬事公苑を経由する
  • NHK技研を経由する
  • 終点宇奈根は、東急砧線の終点に隣接している

「つまり、遊興客も学生も砂利輸送も期待できたってこと?」

「そうかもしれない。割と鉄道空白地帯もカバーするし、何らかの勝算があっての計画ではないか、という気もする」

「では、なぜ実現しなかった? 今に至っても実現していない?」

「戦後の混乱期に新路線を建設するのは難しいし、多摩川の砂利輸送も下火になっていく一方だ。建設費も高騰する一方だ。しかも、農大に行くだけなら経堂から歩けば十分だし。必要性は薄いと思う」

「NHKの技研とか砧公園は意外と不便だよ」

「かといって、鉄道を引くほどの輸送需要があるとも思えない」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2017年
03月
23日
重油タンク、重油バーナーが外されたD51重油併燃機の見分け方!?
3days 2 count
total 556 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2017年
03月
07日
松ノ木運動場に存在した高射砲陣地への言及を発見
3days 2 count
total 491 count
【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト【下高井戸周辺史雑記】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20170316102042
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.