2017年06月26日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 157 count

桃園川日大二高支流(仮称)のほぼ全貌を確認

Written By: 川俣 晶連絡先

「日大二高南部に残る板暗渠を辿って、桃園川に合流するまでの長い長い経路をほぼ確定できた」

「なぜ【ほぼ】なんだい?」

「日大二高の敷地から先は分からないし、一部これが本流か分からない部分もあるし、時間と共に変化したと思われる部分もあるからだ」

「流路はどんな感じ?」

「地図にプロットした」

「やけに長いね」

「死ぬほど長いぞ。自転車で辿って、行っても行っても終わらないからビックリした。しかも、ちょくちょくコンクリート板暗渠が出現するし、残存する金太郎も一杯あった」

「ほとんどは桃園川緑道に平行?」

「おそらく桃園川本流と合わせて平行水路を構成したものだと思うよ」

感想 §

「お風呂屋さん【玉の湯】に突き当たったときは来た!と思ったね」

「やはり水路探索とお風呂屋さんはお友達」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2017年
07月
10日
国道20号線と都道14号線と放射5号線と東八道路の関係
3days 6 count
total 207 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2017年
06月
23日
中野から日大二高まで伸びるベルト地帯の正体を探る
3days 2 count
total 166 count
2017年06月26日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 157 count

桃園川日大二高支流(仮称)のほぼ全貌を確認

Written By: 川俣 晶連絡先

「日大二高南部に残る板暗渠を辿って、桃園川に合流するまでの長い長い経路をほぼ確定できた」

「なぜ【ほぼ】なんだい?」

「日大二高の敷地から先は分からないし、一部これが本流か分からない部分もあるし、時間と共に変化したと思われる部分もあるからだ」

「流路はどんな感じ?」

「地図にプロットした」

「やけに長いね」

「死ぬほど長いぞ。自転車で辿って、行っても行っても終わらないからビックリした。しかも、ちょくちょくコンクリート板暗渠が出現するし、残存する金太郎も一杯あった」

「ほとんどは桃園川緑道に平行?」

「おそらく桃園川本流と合わせて平行水路を構成したものだと思うよ」

感想 §

「お風呂屋さん【玉の湯】に突き当たったときは来た!と思ったね」

「やはり水路探索とお風呂屋さんはお友達」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2017年
07月
10日
国道20号線と都道14号線と放射5号線と東八道路の関係
3days 6 count
total 207 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2017年
06月
23日
中野から日大二高まで伸びるベルト地帯の正体を探る
3days 2 count
total 166 count
【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト【下高井戸周辺史雑記】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20170626200546
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.