2018年12月20日
川俣晶の縁側一般執筆情報total 299 count

野猿峠ハイキングコースの俗説・真実・近況

Written By: 川俣 晶連絡先

「新刊である」

「これはなんだい?」

「野猿峠ハイキングコースに関する研究のまとめである」

「どこがポイントなんだい?」

「割と情報に混乱が見られる。昭和初期に開設されたのに反映したのは昭和20年頃とか、話がおかしすぎる。そのあたりを全部解きほぐした。その上で自分で現地を歩いてきた体験を加味して、戦前、戦後、昭和40年代、現在の4つの時代を分けて解説した」

「力が入っているね」

「何冊売れても赤字確定である」

「で、野猿峠ハイキングコースってなんだい?」

「京王帝都電鉄が力を入れてアピールしていた多摩南部のハイキングコース。おおむね、高幡不動尊から平山城址公園を経由して北野まで」

「聞いたことがない」

「今はその名のハイキングコースはもうない」

Facebook

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20181220195712
サイトの表紙【一般執筆情報】の表紙【一般執筆情報】のコンテンツ全リスト 【一般執筆情報】の入手全リスト 【一般執筆情報】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.