2019年04月29日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 427 count

八王子市万葉公園 (横山万葉植物園跡地) (解決編)

Written By: 川俣 晶連絡先

「【パルテノン多摩歴史ミュージアム特別展 郊外行楽地の誕生 ハイキングと史跡めぐりと社会史・図録】に収録されたこの横山万葉植物園のパンフレットの写真は八王子市万葉公園なのか、というのが前回までのあらすじだった」

横山万葉植物園パンフレット

「それで?」

「再び現地に行って特定してきた」

「この写真の位置は現在のこの位置で間違いないと思う」

現状

「橋と池はかなり違うように見えるけど、間違いないと判断した根拠は何?」

「橋と池は改修されているようだ。根拠は背景に見える階段がほぼ同じということ。そして、この橋と階段が万葉の歌碑に直結していることだ」

「なるほど」

「この写真の橋を渡って階段を上がって上がったところで右に曲がると途中に柵はあるもののそのまま万葉公園の歌碑に出られる。完全にここを含め、真覚寺と歌碑は一体だったと思って良いだろう。おそらく、横山万葉植物園とはこの橋から先の全てがそうだったのではないだろうか。しかし、歌碑から先はあったかどうか分からない」

「今は公園になっている部分だね」

「というわけで、分かったことをまとめると以下の通りだ」

  • 八王子市万葉公園と横山万葉植物園は敷地の一部が重複しているものの、おそらく完全にイコールではない
  • 横山万葉植物園は真覚寺の一部であったと思われる
  • 万葉の歌碑から階段を下ってくると高宰神社に抜けるが、比較的新しい柵とゲートで区切られているものの本来は真覚寺に降りるものであったと思われる (ゲートで通れなくなっているだけで道は今でもある)

感想 §

「このあと、ついでに武蔵横山駅があったと思われる並木町交差点と御陵線の残存橋脚を見て帰ってきた」

「めじろ台歩いて楽しい?」

「馬鹿にしてはけない。面白いことがいっぱいある」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2019年
05月
12日
百草周遊・倉沢緑地コース(2007/9/15版)
3days 26 count
total 734 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2019年
04月
28日
八王子市万葉公園 (横山万葉植物園跡地)
3days 0 count
total 263 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2019年
04月
28日
八王子市万葉公園 (横山万葉植物園跡地)
3days 0 count
total 263 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20190429134620
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.