2019年04月28日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 356 count

八王子市万葉公園 (横山万葉植物園跡地)

Written By: 川俣 晶連絡先

パルテノン多摩歴史ミュージアム特別展 郊外行楽地の誕生 ハイキングと史跡めぐりと社会史・図録

「実は、【パルテノン多摩歴史ミュージアム特別展 郊外行楽地の誕生 ハイキングと史跡めぐりと社会史・図録】を見ていて、横山万葉植物園が紹介されていたので、場所が気になった」

「それで?」

「真覚寺の隣ということで、おそらく現在の八王子市万葉公園ということであたりを付けた。すると、とんでもないことに気付いた」

「なんだよ」

「めじろ台の駅のすぐ近く。御陵線の武蔵横山の駅の近くでもある」

「かなり親しみのある場所だね」

「実際に行って見た」

「目的は?」

「上記書籍に掲載された池と橋に相当する場所が見つかるかどうか」

「結果は?」

「見つからなかった。池なんかないし」

「残念だね」

「しかし、面白かったぞ。どう見てもここは小さな山。さすが【横山村の横山万葉植物園】跡地だ。高低差を上がったり下がったりした」

「なるほど。面白ければ良かったわけだね」

「ちなみに、新元号令和の関係で万葉集が注目されているという話は大嘘だね。万葉公園にほとんど人は居なかったよ」

「えー」

帰り §

「公園の中を一通り歩いて、公園の外を3/4周して最初に入った場所まで戻って、そのあとは山田の駅まで歩いて帰った。山田の駅で乗るのはたのん生涯で2回目」

「それで?」

「山田の駅の近く、駅北側に凄く細い道が線路沿いにあるので凄く面白かった」

「狭いのかよ」

「自転車は無理。人一人がやっと」

どんでん返し §

「実は帰ってから違うことに気付いた」

「それはなんだよ」

「この写真の場所は、万葉公園ではないかもしれない」

「というと?」

「Google Mapsの真覚寺の以下の写真が、似ているんだよ」

「おっと!」

「おそらく、横山万葉植物園跡地は八王子市万葉公園で合っていると思うが、この写真の場所は真覚寺かもしれない。そもそも、横山万葉植物園そのものが真覚寺の一部だったのかも知れない」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2019年
04月
29日
八王子市万葉公園 (横山万葉植物園跡地) (解決編)
3days 0 count
total 521 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2019年
04月
20日
世田谷文学館・【萬画家・石ノ森章太郎展 ボクは、ダ・ビンチになりたかった】
3days 0 count
total 447 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2019年
04月
29日
八王子市万葉公園 (横山万葉植物園跡地) (解決編)
3days 0 count
total 521 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20190428145313
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.