君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

2021年06月20日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 1004 count

山本五十六の遺骨は甲州街道を通って多磨霊園に運ばれた・当然下高井戸も通ったはずだ

Written By: 川俣 晶連絡先

 【あいぼりー特別号 京王線・井の頭線 むかし物語 総集編】に、甲州街道を運ばれる山本五十六の遺骨を沿道で見たという体験談が載っていましたので少し調べてみました。

 本当に甲州街道を通ったのか。どう通ったのか。

 NHKの報道映像では、芝の水行社から日比谷の葬場まで徒歩と騎馬で隊列を組んで移動するところしか分かりません。

 以下のサイトはもう少し詳細に書いています。

14時30より日比谷公園から溜池、赤坂見附、紀伊国坂、四谷見附を通過し、新宿から甲州街道に向かい多磨霊園まで運ばれ、その沿道は途切れることなく市民が参列した。6月18日、分骨の遺骨は郷里の長岡へ出発した。

 日比谷公園から赤坂見附、四谷見附などを経由して新宿にいたり、そこから甲州街道で多磨霊園まで行ったことは確かなようです。日比谷公園出発が14:30です。5月の日没は18:30前後ですので、明るいうちに多磨霊園に到着すると仮定すると、4時間しか時間がありません。日比谷公園と多磨霊園は直線距離で約22キロ。時速4キロで歩いたと仮定すると、4時間で歩ける距離は16キロ。足りません。徒歩では無理そうなので、自動車移動したと考えておきましょう。では、どの程度のスピードなのか。仮に平均時速20キロ程度で走ったと仮定すると1時間程度で到着すると思われます。しかし、納骨の儀式のために現地で1時間程度を見込んでも、まだ時間が余ります。割とゆっくり車を走らせた可能性もあります。このあたりはもう少し調べた方が良いところですね。

まとめ §

 甲州街道は、江戸時代の参勤交代で通る大名はとても僅かでしが、お茶坪道中が通りました。甲州街道は東京オリンピック1964のマラソンも通りました。それに加えて国葬の山本五十六の遺骨も通ったとすれば、なかなか面白い道ですね。

余談 §

 上記ページに以下のように書いてあります。

'43.4.18 山本五十六戦死。翌日遺体が発見される。同.4.20 海軍首脳や遺族に戦死が伝えられる。同.5.21 国民に発表。同.5.22 戦艦「武蔵」に乗せられた遺骨が帰還。同.5.23 遺骨が東京駅に到着。

 山本五十六の遺骨は戦艦武蔵で日本に戻ったようです。最前線で激闘中に、わざわざ最強の戦闘艦を使って運ぶ意味があったのでしょうか。どうも勝つことよりも、葬式を優先したようにも思えます。これは本当に勝つ気があったのでしょうか。どうしても運びたければ飛行機で運べば良いし、飛行機なら一瞬で到着するのですぐ機材を戦場に戻せます。それ以前に、そもそもわざわざ護衛を付けて運ぶ意味があったのでしょうか。戦勝の後で運んでも良かったはずです。あるいは、分散して運んでも良いです。実際、上記ページには【6月18日、分骨の遺骨は郷里の長岡へ出発した】という記述があって分割されています。生きた身体と違って遺骨ならいくつにも分けられます。分散して本土に運べば運悪く一部が失われても大半は到着するでしょう。それでは駄目だったのでしょうか。駄目だったのでしょうね、当時の日本は。負けるはずです。

Facebook

下高井戸周辺史雑記


君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20210620145610
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.