2004年03月13日
トーノZEROアニメ感想カレイドスターtotal 2614 count

このステージで夢を叶えたい、というアンナの夢とはまさか「お笑い」!?

Written By: カワマタアキラ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日のカレイドスターの感想。

サブタイトル §

第49話 「ひとりひとりの すごい 未来(あした)」

あらすじ §

 激しい特訓を続けるそら。レオンが悪魔になって情け容赦ない特訓を要求します。しかし、そらの方も、それをがっちりと受け止め、身体は限界を超えているのに、一歩も引きません。

 アンナはお笑いを極めるべく様々なネタを試みますが、オットセイにしか受けません。

 ミアは、キャシーと共に、構成を練るために頑張っています。

 メイは、「そらに勝とうとする限り、私はそらに勝てない」という自己矛盾を発見します。そして、自分がやりたいこと、やるべきことを見いだして、ロゼッタをパートナーにしようとします。ロゼッタは、これが最後のステージになるかもしれないそらと競演するために、メイの特訓を受けます。

 さすがのそらも、特訓の限界に達します。くじけそうになりますが、そこで幻の大技の特訓を思い出します。あのとき、そらはレイラに助けられながら特訓を乗り切りましたが、レイラは自力で乗り切りました。だからこそ、今のそらは自力で乗り切らなければならない、と思い、これを乗り切ります。そして、海上で鳥のように舞うそらの姿が……。

 一方、自分も天使の技をやろうと特訓するレイラ。ついに天使の技を会得したそらに向かって、カロスは、レイラと最終オーディションをすると宣言します。

 さあ、もう争わないと決めたそらは、このレイラとの争いをどう受け止めるのか!というところで今回は終わり。

感想 §

 いろいろ絶叫するキャシー。とても良いキャラですね。みんな良いキャラですが、キャシーも良いキャラです。

 更に、争わないと言うそらも何かと戦っている、というキャシー。なかなか鋭いところを見ていますね。

 演出意図を説明するシーン。こういうシーンがあるのが、エンターテイメントに関するドラマらしい良いところですね。

 風呂にも入れないで眠り込むそら。フールが好き勝手をするチャンスなのに、あまり面白そうな感じではないのが何とも言えませんね。

 クライマックスを2人技にすると言い、ロゼッタを連れ出すメイ。これは最高に良いシーンだと思いました。限界を超えたそらの特訓は、ある意味で凡人が感情移入できる限界外の描写ですから、むしろ何かを悟って他人を巻き込んでいくメイのシーンこそが最大の見せ場になっていた感じがあります。

今回の一言 §

 白いレオタード。手足に重り。激しく口を開いて目を見開いて息をするそら。これが、限界を超えたある種の色気を感じさせますね。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想カレイドスター
【カレイドスター】の次のコンテンツ
2004年
03月
20日
真のプリマは共演者も観客にしてしまう!?
3days 0 count
total 3209 count
【カレイドスター】の前のコンテンツ
2004年
03月
06日
天使自ら悪魔にならねば得られない過酷な天使の技!?
3days 0 count
total 3369 count

このコンテンツを書いたカワマタアキラへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、カワマタアキラに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にカワマタアキラへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にカワマタアキラよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20040313213418
サイトの表紙【カレイドスター】の表紙【カレイドスター】のコンテンツ全リスト 【カレイドスター】の入手全リスト 【カレイドスター】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: カワマタアキラ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.