2006年06月26日
トーノZEROアニメ感想妖逆門total 2808 count

見事な演出! 燃える舞台によって描かれる状況と心理の見事なドラマ!?

Written By: トーノZERO連絡先

 トーノZERO, THE BELKANアニメ感想家(笑)のアニメ感想を参ります。

 今日の妖逆門の感想。

サブタイトル §

第13話 『灼銅の鬼仮面』

あらすじ §

 鬼仮面に第1戦であやかしを残酷なまでにボコボコにされた三志郎は、あやかしを大切に思うあまり、第2戦ではあやかしを出せず敗北します。

 そこで、あやかし達は、三志郎に語りかけます。

 撃符になったあやかしは、戦うことしかできないと。

 呪縛と戦うため、撃符使いに使われていると。

 そして、三志郎と一緒に戦いたいのだと。

 更に、あやかしのために戦う三志郎と一緒だからこそ、より大きな力を出せるのだと言います。

 第3戦、あやかしとの心の絆を取り戻した三志郎は鬼仮面と互角に戦います。

 しかし、本気を出した鬼仮面に三志郎は惨敗します。

 少しでも本気にさせたら勝ち……というルールで始めた対撃だったため、鬼仮面は三志郎の勝ちを認めます。

 三志郎は気付くと妖怪城にいました。

感想 §

 今回の見所は、やはり第2戦でしょう。

 あやかしを道具として使う鬼仮面に対して、あやかしを大切な仲間だと思う三志郎はあやかしに戦えとは命じられません。

 三志郎はフエに守られますが、それも破られていきます。

 その結果として、三志郎は追いつめられています。

 そこで見事なのは、舞台の使い方です。

 戦いの舞台は、山の中腹の斜面に木で組まれたまさに舞台です。

 そして、舞台そのものが燃えていきます。放置しておけば、火に焼かれるか、あるいは崩れ去る舞台と一緒に落下するしかありません。鬼仮面は洞窟内いるので、落ちる気遣いはありません。

 それなのに、三志郎は何もできず、ただ滅びへの道をまっしぐらに進むことしかできません。

 この燃える舞台という描写は実に素晴らしいですね。状況と心理を同時に効果的に描いています。実に見事。

今回の一言 §

 それはさておき、あやかしが子供ごときの言いなりになって戦う理由というものが、はっきりとあやかし自身の言葉として語れましたね。

 彼らは彼らなりに、この状況を受け止めているというわけですね。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想妖逆門
【妖逆門】の次のコンテンツ
2006年
07月
03日
ナンパをしては可愛い女の子からはり倒される、まるで諸星あたるのようなミック!?
3days 0 count
total 2502 count
【妖逆門】の前のコンテンツ
2006年
06月
19日
大人の魅力もたっぷり見せるフエ、三志郎との関係ははたして愛か!?
3days 0 count
total 4248 count

このコンテンツを書いたトーノZEROへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノZEROに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノZEROへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノZEROよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20060626232632
サイトの表紙【妖逆門】の表紙【妖逆門】のコンテンツ全リスト 【妖逆門】の入手全リスト 【妖逆門】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノZERO連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.