2008年01月12日
川俣晶の縁側模型局スケールモデルtotal 3306 count

ファインモールド至高のゼロをへろへろと組み立て・へろへろなのにまだ完成しない衝撃!!

Written By: 川俣 晶連絡先

 モデルグラフィクス2007年11~12月号に付いていたファインモールドの至高の零戦21型をへろへろと組み立て開始しましたが、まだ完成していません。

 すみません。なめてました。

 異様に小さな部品や異様に小さなデカールまであって、凄い手間です。

 現在までの経緯を簡単に書きます。

ピンバイス出動 §

 増槽取り付け穴のためにピンバイス出動。当初の予定では使わない予定の工具でしたが、増槽は敵機と遭遇するまでは下げているのが基本でしょ、ということで出動要請しました。

ミステーク §

 エンジン向き間違い。突起を削り取って強引に装着しました。

 どうも収まりが悪くおかしいと思っていたのです。

 間違いなく組めていれば、部品はどれもきっちり入ります。

部品損失未遂 §

 D13を1個損失。小さすぎ、ピンセットでつまむのも極めて困難で、一瞬で音もなく飛び去りました。

 こりゃ駄目かも、と思いましたが奇跡の発見。

 絶対無理だと思っていましたが、結局全パーツ紛失せずに組み立て完了。

更に出動 §

 透明パーツ取り付け用に、タミヤセメント流し込みタイプ出動。これも予定外ですが、キャノピーが曇るのは嫌なので。

デカール §

 デカールを張り始めてすぐに絶句。

 こんなものまで!?

 パーツだけでなく、デカールも異様に小さいものが。

 1/72なのに、こんなものまで!

 一晩で終わりと思いましたが、ペラとスピナーだけで7枚も貼り付けを要求されては大変すぎます。量だけでなく、きちんと乾いてから少しずつ貼っていかないと危険かな、と思って今日はここまで。

感想 §

 でも面白いですよ。

 パーツは無理なくきっちり合うし。小さかったり、量が多かったりしますが、それでも素直です。

 ただ、一部のデカールは機体の突起と重なって浮いてしまうのですよね。

 デザインナイフも用意して、切れ込みを入れつつ密着させれば良かった……と思いつつ後の祭り (笑。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側模型局スケールモデル
【スケールモデル】の次のコンテンツ
2010年
09月
25日
「ハセガワ 1/72 IV号駆逐戦車L/48後期型」物語・謎の部品消失現象編
3days 0 count
total 2351 count
【スケールモデル】の前のコンテンツ
2008年
01月
07日
ファインモールド至高のゼロをへろへろと組み立て開始・そして得る感動と興奮
3days 0 count
total 4331 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2008年
01月
07日
ファインモールド至高のゼロをへろへろと組み立て開始・そして得る感動と興奮
3days 0 count
total 4331 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20080112230152
サイトの表紙【スケールモデル】の表紙【スケールモデル】のコンテンツ全リスト 【スケールモデル】の入手全リスト 【スケールモデル】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.