2008年03月29日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 3559 count

杉並区立郷土博物館・準常設展 杉並文学館

Written By: 川俣 晶連絡先

 今日は杉並区立郷土博物館準常設展 杉並文学館に行ってきました。

 先週は目先の仕事に心を奪われてどこにも行かなかったのと、(主に体力面での)リハビリのためにどこかに行く必要があると思ったので、近場に行ってみることに。

 といっても、無意味な行動ではありません。杉並区立郷土博物館に行くのは、たいていの場合何らかの企画展、特別展等が契機になっていたため、それらが開催されていない期間に公開される準常設展 杉並文学館を見たことはなかったのです。(初めて訪問したとき、企画展はやっていなかったものの、準常設展は準備中だったのかまだ開いていなかった)

 ちなみに、既に杉並区立郷土博物館は庭のような感覚なので、いちいち撮影はしませんでした。なので写真は無し。

準常設展 杉並文学館 §

 コンパクトな展示です。

 生原稿や著書が展示されています。

 しかし、当時主流の文学者達が住んだ場所に住めなかった若者達が集まったのが杉並であり、その中には夢破れた者も多いという視点は良かったと思います。

 生原稿も作者ごとに個性が違って興味深いと思いました。

情報普及コーナー §

 図書コーナーで地図、地名関連資料、区史などを少し見てきました。残念ながら資料の厚みではかなり寂しいコーナーではありますが。

 とりあえず、収穫は以下の4点。

  • 浜田山は昔の下高井戸と呼ばれた地域の北西端にあたることを確認。つまり、浜田山まで歩いて「思えば遠くに来たものだ」と感慨にふけってみても、実は下高井戸村から一歩も外に出ていなかった孫悟空状態
  • 地図「東京水道拡張設計図 大正12年」をあらためて見てみました。すると、下高井戸分水が従来思っていた経路と違うように見えることを発見。都立大塚ろう学校分教室のあたりで神田川(神田上水)に合流すると思っていましたが、もっと手前で合流しているように見えます。目分量で判定するとたぶん下高井戸八幡神社あたりです。
  • 向陽中学校の土地にはかつてお屋敷山古墳があったという。って、中学生活3年間ずっと古墳の上で授業を受けていたというのか!?
  • 「永泉時ぼろ市」という通称地名が存在した。永泉時が永昌時と合併して名前が無くなった後も、市は有名だったのでそのままの名前で地名になった。

 下の3点については、気力と体力があれば別途詳しく書きます。

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2008年
04月
05日
片倉城跡公園
3days 0 count
total 3445 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2008年
03月
16日
新宿歴史博物館・開館20周年記念写真展「新宿風景―1955~1974―」
3days 0 count
total 9877 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20080329175203
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.