君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

2010年04月09日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 3658 count

世田谷線前史のまとめ

Written By: 川俣 晶連絡先

 きむらたかし@三田用水さんより世田谷区郷土資料館の特別展の図録に記載があると教えていただき、移動のついでに上町で下車して見てきました。

 『特別展「玉電」一玉川電気鉄道と世田谷のあゆみ一 発行年月日 平成元年12月13日』ということは、これほど昔に詳細な調査が既にあったとは。在庫はもう無いそうですが、図書コーナーで閲覧してきました。

 簡単にまとめると。

  • 元々あった玉川電気鉄道と玉川砂利電気鉄道の計画が統合されたものが、実際の玉電である
  • 玉川電気鉄道は渋谷を起点に三軒茶屋を経て玉川、溝の口に至る計画であり、後の玉電本線とほぼ同じものである
  • 玉川砂利電気鉄道は世田谷村を起点に現世田谷通りを砧村、岡本、大蔵、喜多見、狛江。岩戸、猪ノ方、和泉、登戸、生田に至り、相当する路線は存在しない。世田谷村以東は武相中央鉄道(小田急に似た計画の路線)に接続予定。本社は世田谷村を予定
  • 統合後の建設計画では渋谷から多摩川への路線の他に、三軒茶屋から上町付近までの路線が既に描かれている (経路は今より世田谷通りに近い)
  • 大正9年頃から、世田ヶ谷村の住民等により、陸軍自動車学校(現農大)への延長の働きかけが始まっていた
  • 大正10年6月、三軒茶屋~世田谷、世田谷~下高井戸の免許申請
  • 大正14年1月、三軒茶屋~世田谷開通
  • 大正14年5月、世田谷~下高井戸開通

 というわけで、以下のことが分かります。

  • 2つの別個の計画があり、うち玉川砂利電気鉄道の拠点は世田谷村である
  • この2つは1つに統合された
  • 実際に建設された玉電は、玉川電気鉄道のものであり、世田谷村に便利とは言い難い
  • 世田谷村に便利な支線の建設は必然性が高く、おそらく必須であったのだろう
  • 馬事公苑は当時存在しないが、農大の前身である自動車学校は存在した。従って、駒場との連絡を良くする路線はあると良いと思われたのだろう
  • 砂利輸送ビジネスは、割と上手く行っていた。大正9年に1372mmに改軌してそのまま貨車が市電に入れるようにしたほどである。しかし、玉電と親しい関係の京王は1372mmと市電に乗り入れられる軌道であったが市電との接続は果たしていなかった

 ですから、以下のことが言えます。

  • 三軒茶屋~世田谷は、途中経路は少し変わっているが、当初からの計画通りである
  • 世田谷~下高井戸は、砂利輸送の関係から後から出てきた構想である
  • 世田谷~自動車学校は、期待されたが実現されなかった構想である

 とすれば、三軒茶屋~世田谷、世田谷~下高井戸と申請が分割されていることも解釈できます。

 結果として三軒茶屋~下高井戸は一体として運用されていますが、計画された経緯や意図は全くの別物です。

 従って、世田谷線の世田谷~下高井戸は、世田谷までの計画に便乗し、そこから最短経路で京王に接続する構想として計画され、上町の大曲も、接続駅として下高井戸が選ばれたこともまず「世田谷駅ありき」ということだと思われます。

お礼 §

 きむらたかし@三田用水さん、桜上水Confidentialさん、てさん。ご意見、情報感謝です。

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2010年
04月
09日
山下駅の研究・上下線が同じ位置とは限らない
3days 0 count
total 2630 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2010年
04月
08日
山下駅の研究・これは一筋縄では行かないか
3days 0 count
total 2769 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2010年
04月
04日
世田谷線の若林駅で気になること
3days 0 count
total 3208 count
2010年
04月
05日
世田谷線宮の坂駅移動の話
3days 0 count
total 3411 count
2010年
04月
07日
世田谷線の駅移動の話・一応のまとめ
3days 0 count
total 2835 count
2010年
04月
07日
滝坂道を走るバス路線があったらしい
3days 0 count
total 3525 count
2010年
04月
08日
世田谷線・山下と上町の駅も移動しているという疑惑が発覚
3days 0 count
total 3992 count
2010年
04月
08日
世田谷線は不自然である疑惑
3days 0 count
total 2836 count
2010年
04月
08日
山下駅の研究・これは一筋縄では行かないか
3days 0 count
total 2769 count
2010年
04月
09日
山下駅の研究・上下線が同じ位置とは限らない
3days 0 count
total 2630 count
2010年
12月
19日
水路跡発見と世田谷駅移動の必然性
3days 0 count
total 2642 count
2015年
03月
29日
玉電山下は2度死ぬ・山下駅2回移動疑惑の勃発
3days 0 count
total 1670 count
2015年
04月
24日
玉電山下は2度死ぬ・山下駅2回移動疑惑の勃発【解決編】
3days 0 count
total 1863 count
2015年
07月
08日
山下駅移動問題は前田問題に派生した・玉電の前田駅はどこにあったのか?
3days 0 count
total 1650 count
2015年
07月
09日
玉電上町駅のホーム移動問題に、決着らしいものが付いてきた
3days 0 count
total 1846 count
2015年
07月
19日
山下のホーム配置について・かなりの決着編
3days 0 count
total 1327 count
2015年
07月
22日
山下駅の移動問題のおそらく決着らしいものの図示
3days 0 count
total 1346 count
2015年
08月
02日
上町駅の1回目のホーム移動の時期が推測可能になった
3days 0 count
total 1515 count
2015年
08月
26日
世田谷駅には、千鳥配置になる前があった!?
3days 0 count
total 1434 count


君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20100409160217
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.