2023年03月08日
川俣晶の縁側一般執筆情報total 2294 count

自虐史観のはじめて物語: それはいつ誰が使い始めた用語なのか 

Written By: 川俣 晶連絡先

表紙 自虐史観のはじめて物語: それはいつ誰が使い始めた用語なのか 

「これはなんだい?」

「【自虐史観】という用語の初出について国会図書館デジタルコレクションを調査した」

「そんなことをして何が面白いの?」

「意外と面白かったぞ。誰が言ったのかをベースに考察していくと、世界が広がった」

「これは【自虐史観】を肯定する本なのか? 否定する本なのか?」

「そういうことは扱っていない。あくまで用語について調べた結果を書いた本だ」

「で、最初に使ったのは誰?」

「国会図書館デジタルコレクションの調査時点での状況では1957年の森昌」

「森昌子?」

「違う。森昌(もりさかえ)。ただしそれが本当の初出とは思えない。初めては藪の中だ」

「それじゃ意味ないじゃん」

「でも流行らせた人の名前は分かった」

「えー」

Facebook

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20230308094429
サイトの表紙【一般執筆情報】の表紙【一般執筆情報】のコンテンツ全リスト 【一般執筆情報】の入手全リスト 【一般執筆情報】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.