2002年08月08日
トーノZEROアニメ感想.hack//SIGNtotal 2713 count

究極の呪文は、リアルワールドでの電話番号。それも「有り」なのだろうか!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 今回は、昴様の魅力全開のエピソードでした。

 一人で、ザ・ワールドをさすらいながら、過去を思い出し、紅衣の騎士団の設立やクリムとの関係を回想し、最後には浅はかな感情を剥き出しにしたプレイヤーにやられてしまいます。

 昴自身は、ザ・ワールドのあり方に関して自分の考えや信念を持ち、それをはっきりと述べてきました。しかし、それはクリムや騎士団の後ろ盾があればこそ。それを失った状況で、何を主張したところで、それは浅はかで底の浅い刹那的な考えと等価になってしまうのです。その状況で、考え方の正しさには何の意味もなく、いかに「良く分かっている」昴様であろうと、自信を失いあてもなくさすらうことしかできなくなってしまいます。

 こういう挫折は誰にでも訪れるものであって、けして昴様の無力や問題を示すものではないでしょう。

 もう1つの見所は、クリムと昴の世界観の微妙な相違と、昴から見たクリム的世界観の受け取り方です。昴自身の世界観も立派ですが、クリムの世界観の方が一歩深く踏み込んでいる感じを受けました。

 「目を逸らすな、逃げるな。背を伸ばせ、うつむくな。そうすれば世界の方が昴に近づいてくる」

 というようなクリムの台詞は、なかなか本質を突いた立派なものだと言えるでしょう。

 残る問題は、ぼろぼろの昴様が最後に司にすがって泣いてしまったという終わり方です。これが、今後のストーリー展開にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

 と~のは、こんな昴様のことを気に掛けるミミルを応援しています。


ご注意: このコンテンツは、「バーチャルネットライター と~のZERO歳」と呼ばれるサイトに書き込まれた内容を変換して、本サイトに転送したものです。このコンテンツの内容は、「と~のZERO歳」という仮想人格が書いたものという設定であり、謎のアニメ感想家トーノ・ゼロと限りなく近いものの、必ずしも同一人格ではないことをお断りしておきます。

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20020808214254
サイトの表紙【.hack//SIGN】の表紙【.hack//SIGN】のコンテンツ全リスト 【.hack//SIGN】の入手全リスト 【.hack//SIGN】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.