2004年01月30日
トーノZEROアニメ感想十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~total 2310 count

うっかりもう1回見てしまったが更に深い感動に泣かされる!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 昨日の十兵衛ちゃん (感想) を再エンコードしたデータを少しチェックしておこうと思って見たら、また見てしまいました。

 やはり、これは凄いですね。

複雑な心理が変化し続ける絶品の会話 §

 特に凄いのは、最後の鮎之介と自由の会話のシーン。

 自由の感情の動きと、鮎之介の感情の動きが絶品。とてつもない演出力だと思います。

 自由の鯉之介への気持ちが吹き出す「聞いてねえよ」という台詞。こんな言い方は、自由らしくありませんが、絞り出すようにそう言いたい時もあるでしょう。それが言える相手は、鯉之介だけだったのかもしれません。

 そして、鯉之介に女房子供がいたということの衝撃。

 この女房子供が憎い気持ちもあるでしょう。

 しかし、あの鯉之介の息子が、しかもこんなに健気かつ必死に来ている事実を受け止めてあげたい気持ちもあるでしょう。

 複数の感情が複雑に絡まって、一度は、鮎之介に手をのばすけれど、とうとう鮎之介とラブリー眼帯という事実を受け止めることができません。

 みんなを救う優しい強さを持った自由も、今は救われるべき傷を持った存在になっているのですね。

 そして、鮎之介はと言うと、一時はラブリー眼帯を渡せそうで、役目を全うできそうな状況になったにもかかわらず、急転直下、「私の前から消えて」という全否定を突きつけられてしまいます。

 これはもう泣ける話であるのは当然として、そのプロセスを複雑な心理描写を含めて丁寧に描ききったことが、とても素晴らしいことだと思います。

解説キャラが能書きを垂れない戦い §

 戦いのシーンも凄く良いですね。何が良いと言って、解説キャラが能書きを垂れません。そして、自分で技の名前を叫んだりもしません。突然スローになったりもしません。ただ、映像だけで、戦いを表現し尽くしています。

 もちろん、能書きを垂れる戦いのドラマには、それなりの面白さはありますが、能書きで強さを説得するよりも、映像だけで強さを説得する方がより困難なチャレンジです。それに正面から取り組む作品があるというのは、とても嬉しいですね。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~
【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】の次のコンテンツ
2004年
02月
05日
自ら「私の前から消えて」と言った鮎之介を絶対的な君主的な口調で呼ぶ自由!?
3days 0 count
total 1869 count
【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】の前のコンテンツ
2004年
01月
29日
300年間も子供のままで父の帰りを待ち続けるシュールなドラマ!?
3days 0 count
total 2183 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040130022436
サイトの表紙【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】の表紙【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】のコンテンツ全リスト 【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】の入手全リスト 【十兵衛ちゃん2~シベリア柳生の逆襲~】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.29 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.