2004年08月04日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 2176 count

趣都の誕生 萌える都市アキハバラ 森川嘉一郎 幻冬舎

Written By: 川俣 晶連絡先

 読みやすく、文章量も多くないので、サクッと読み終わりました。

 読み始めたら最後まで読まされてしまった、という意味では面白い本と言えるかもしれません。

 ただ、内容に関して賛成するかというと、ちょっと難しいですね。

 よく調べているとは思いますが、調査不足、追求不足、安易な結論に飛びついてしまう心の弱さがあるように感じられます。斎藤環さんであるとか、大塚英志さんであるとか、そういうレベルの人達の書いた文章と比較して、まだまだ精進不足という感じを受けます。

 とはいえ、建築という視点から秋葉原を見るのは興味深い新しいものだと感じました。一応、古い建築物ミーハーで、好きなものは看板建築とか口走ってみたりする立場なので。秋葉原の建築物が、窓のない形に進んでいるという指摘は興味深いところがあると思います。もっとも、窓を無くすことは、精神的な内向性というよりは、モニタに直射日光が入ると困るからに過ぎないのではないか、という気がしないでもありませんが。

 さて、帯には『いつの間にか街全体が巨大な「個室」になているのを知っていますか?』と書かれているのは悪くないと思います。「個室」というのは良い表現で、まさに、私が既に秋葉原を素通りして両国に行ってしまう理由を(極めて不確かで曖昧で間接的ながら)上手く表現しているような印象を受けます。

 つまり、私自身、最近では秋葉原にはさっぱり魅力を感じず、パソコン関係の買い物といえば新宿ばかり、なじみのパソコンショップは秋葉原に近いとはいえ秋葉原にはないQualestだったりして、そのことに何の問題も感じていなかったりする理由として、けっこう妥当かなと。そんな風に感じたわけです。1990年代初期の、まだ秋葉原に行く価値を感じていた時代というのは、秋葉原は先鋭的な文化の発信地としての側面を持っていたと思います。パソコンにおけるIBM互換機文化は、秋葉原を経由して受容するしかなかったものです。他の地域にいくらパソコンショップがあれど、それはマンネリ化した国産パソコンしか扱っていない店ばかりだったのです。しかし、今の秋葉原に、それに匹敵する先鋭性は感じられません。先鋭性がないと言うことを表現するために、小さく閉じこもってしまうイメージをかき立てる「個室」は似合っているように感じます。

 とはいえ、全般的に評価するなら、この本は一般の読者にはお勧めではありません。

Facebook

トラックバック一覧

2005年01月02日モデルグラフィクス 1月号 大日本絵画From: Body First! オータム マガジン

この号の感想は以下の記事に尽きます。ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展日本館「おたく:人格=空間=都市」総括 p124に、「森川の著書『趣都の誕生 萌える都市秋葉原』を読んでもらえれば話は早い 続きを読む

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2004年
08月
06日
こちら葛飾区亀有公園前派出所 141 秋本治 集英社
3days 0 count
total 2874 count
【感想編】の前のコンテンツ
2004年
07月
31日
モデルグラフィクス 9月号 大日本絵画
3days 0 count
total 2741 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
08月
03日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
趣都の誕生 萌える都市アキハバラ 森川嘉一郎 幻冬舎
3days 0 count
total 1585 count
2005年
01月
02日
モデルグラフィクス 1月号 大日本絵画
3days 0 count
total 1568 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040804005926
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.