2004年10月19日
トーノZEROアニメ感想かいけつゾロリtotal 6415 count

ゾロリのライバル、ガオン博士の孤独の悲しみが泣かせる傑作!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 2004年10月10日のかいけつゾロリの感想。

サブタイトル §

だい36わ:「げきとつ!メカイシシノシシ大さくせん」

あらすじ §

 ゾロリ、イシシ、ノシシはピッカリー王国に来ました。

 そこでは、良いことをするとよい子スタンプを押してもらえるという制度が行われていました。

 そして、国王に良いことをしたイシシ、ノシシという二人組が、スタンプを断って去ったことから、国王は彼らにお礼をするために探していました。

 さっそく、イシシとノシシは発見され、歓迎の宴会に連れて行かれます。

 しかし、良いことをしたのはゾロリのライバル、ガオンが作ったメカイシシとメカノシシでした。

 本物の方が優れていると主張するイシシとノシシはメカイシシとメカノシシと対決しますが勝てません。

 最後に、ゾロリ、ガオンも交えて、良いことをしてスタンプを集める勝負を行うことになります。

 ゾロリはインチキをして良いことを繰り返しますが、ガオンも同じ数だけのスタンプを集めていました。

 そして、王宮の掃除をどちらが先に終わらせるかで決着を付けることになります。

 空を飛び鼻から水を吹き出すメカイシシ、メカノシシに、ブラシでこすっているイシシとノシシは勝てません。ゾロリはがらくたを使って掃除を行うメカを即興で作ります。イシシとノシシはそれに乗り込んで掃除を凄いスピードでこなします。

 イシシとノシシをモデルに作られたメカイシシとメカノシシは、モデルの感性そのままにゾロリの作ったメカを格好良いと見とれます。

 これでゾロリ組の勝利かと思われましたが、掃除メカが暴走して王宮を破壊してしまいます。ゾロリは街からたたき出されます。

 しかし、ガオンは勝利の証の黄金のかつらを受け取らずに去ります。

 メカイシシとメカノシシは、自分から修行の旅に出たいとガオンに願い出て、二人で去っていきます。

感想 §

 だいぶ前に放送されていたものですが、今頃見ました。

 何となく軽い気持ちで見ていたのですが、これは凄い。

 何が凄いといって、これが1つの爽快なライバル対決であることが良いですね。ゾロリとガオンの対決は、よくある善悪の対決ではありません。ガオンは、憎むべき敵であるとか、悪人として捉えられるべき人間ではありません。むしろ、ゾロリの方が悪人と見ることすらできてしまいますが、ゾロリもずるいことはしても、勝利のために必死で努力するストレートさをきちんと持ち合わせた爽快な男です。この二人が、正面から対決するドラマの醸し出す気持ちよさは、一種独特のものがあります。

 そして、もう1つの見どころはガオンの孤独と、仲間を得て旅をするゾロリ達の幸福です。この一連の騒動は、そもそもガオンが孤独から解放されるために、メカイシシ、メカノシシを作ったことにあります。そして、最後にガオンは孤独に逆戻りします。悲しいですね。それを見るゾロリの視線には、ある種のガオンへの理解がありますね。イシシとノシシも、この出来事で何かに気付いたことがあるようですね。二人は必死に自分たちはゾロリから見て仲間にする価値があったことを確認したがります。

 それはさておき、ガオンの良さはその格好良さや、帽子のギミックの面白さにもありますね。良いキャラです。

今回の名台詞 §

ガオン「試合に勝って勝負に負けたか」

 ガオンは気持ちの上では敗北を噛み締めているわけですね。

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041019234853
サイトの表紙【かいけつゾロリ】の表紙【かいけつゾロリ】のコンテンツ全リスト 【かいけつゾロリ】の入手全リスト 【かいけつゾロリ】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.