B0002U0UKS
Amazon.co.jp

2004年11月21日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 9908 count

旧淀橋区角筈周辺散策

Written By: 川俣 晶連絡先

 昨日のアニメ「ケロロ軍曹」が「小さな旅に出てみよう」などと勧めるものだから、知っているはずの場所からちょっとだけはずれた道を歩く「小さな旅」に出てみました。

 題して、「旧淀橋区角筈周辺散策」です。

 といっても、これらはあとから理屈を付けたもので、最初からそれを目的に出かけたわけではありません。

もう1つ気になったこと §

 実はもう1つ気になったことがありまして、麦茶さんご推薦のお伽草子 第15話「新宿」で、新宿中央公園周辺がリアルに描写されています。そこで熊野神社という神社が出てきますが、「ええ、そんなの知らなかったよ」と思ったので確認したかった、ということもあります。

いざ出発、まずは買い物 §

 まずは新宿ヨドバシで、「ハウルの動く城」のサントラCDを購入。三拍子(ワルツ)のテーマソングが非常に良かったので。

 そして、地下に降りて、前々から買おうと思っていた自宅の録画PC用のマウスを購入。ボタンがチャタリングを起こしていたので買い換えです。マウスはいつもマイクロソフトのある程度以上高級なモデルを買っていますが、これに関しては使用頻度が高くないので、知らないブランドの安いマウスを買ってみようと思っていました。なので、リックスという見知らぬブランドのオプティカルマウス800dpiというものを買ってみました。これがどの程度使えるかはまだ未開封なので分かりません。

いざ進め西へ §

 というわけで、そのままテクテクと西に歩きました。

都庁都庁 [300x400] [600x800] [750x1000] [768x1024]

 都庁の脇を通って、新宿中央公園へ。

新宿中央公園新宿中央公園 [300x400] [600x800] [750x1000] [768x1024]

 このあたりは、かつては淀橋浄水場があった場所です。

 現在は新宿区ですが、かつては淀橋区という「区」の一部だったと思います。ヨドバシカメラのヨドバシの由来はおそらくこれでしょう。

 そして、より具体的な地名は角筈(つのはず)と呼ばれていたはずです。

本当にあった熊野神社 §

 熊野神社の実在は地図上で確認済みでしたが、その目で存在を確かめることができました。

 中央公園を北西に突っ切って向こう側の道を南下すると、確かにあります。

熊野神社熊野神社 [300x400] [600x800] [750x1000] [768x1024]

 もっとも、宗教施設に入るのは気が進まなかったので、入り口を見ただけでそのまま南下続行。

何と角筈という地名が残る建物が §

 新宿中央公園が途切れる交差点の西の向かい側に、角筈区民センターという建物がありました。

 もう跡形もなく消えてしまった角筈という地名が残っているのが妙に感動的です。

角筈区民センター角筈区民センター [300x400] [600x800] [750x1000] [768x1024]

角筈区民センター入口角筈区民センター入口 [300x400] [600x800] [750x1000] [768x1024]

 淀橋の名前がヨドバシカメラで残ったように、角筈の名前もこの施設に残ったようです。

更に出くわす面白い発見 §

 その交差点の南側には、でかでかと作業服と掲げた面白い雰囲気の店がありました。

作業服屋作業服屋 [300x400] [600x800] [750x1000] [768x1024]

 さすが世界に冠たる新宿ですね。

 作業服、世界一安い!!などという手書きの文字が世界の新宿を印象づけています。

小さな旅に出てみよう。 §

 やはり、ケロロ軍曹(正確には登場人物のサブロー)の勧めに従って「小さな旅」に出るのは価値があったようですね。

 知っているはずの場所から、道を1本隔てだだけの未知の場所を歩くだけでもいろいろと発見があります。

 こういう小さな旅は本当にお勧めかもしれません。

Facebook

トラックバック一覧

2005年01月23日西新宿定点撮影写真展From: Body First! オータム マガジン

今日は、新宿パークタワーの1階ギャラリーでやっていた西新宿定点撮影写真展に行ってきました。 本当は、仕事に追いまくられていて時間がないのだけれど、非常に好きなテーマであると同時に、明日までしかやって 続きを読む

2004年11月27日六義園From: 微速後退! オータム マガジン

麦茶さんご推薦のお伽草子 第14話「東京」には、いろいろと興味深い鉄道と東京地理歴史の描写が出てきます (旧万世橋駅など)。そこで、駒込に関して、登場人物がこの駅には六義園 (りくぎえん)と旧古河庭 続きを読む

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2004年
11月
27日
六義園
3days 0 count
total 2616 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2004年
11月
07日
東京ステーションギャラリー・没後50年 佐藤哲三展
3days 0 count
total 3096 count


B0002U0UKS
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041121162949
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.