2005年02月16日
トーノZEROアニメ感想巌窟王total 4359 count

これが未来の話として再構成された巌窟王の真骨頂? 巨大ロボット戦のような決闘!!

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日の巌窟王の感想。

サブタイトル §

第十八幕

決闘

あらすじ §

 巨大ロボットのような甲冑が2体、公園に現れ、決闘を始めます。

 メルセデスは、止めに入ろうとしますが、制止されます。

 てっきり、これは伯爵とアルベールの決闘と思いきや、実はフランツがアルベールを薬で眠らせて身代わりに出ていたのでした。

 フランツは、巌窟王の謎について知った知識から、伯爵は心臓だけは生身だと確信し、甲冑から降りた伯爵が近づくのを待って心臓を刺します。

 そのフランツに、彼がアルベールだと思っている伯爵は剣を突き立てます。

 駆けつけたアルベールは、フランツを介抱します。

感想 §

 EDの1カットに巨大ロボット戦のように見えるビジュアルがあったので、もしやと思っていました。しかし、やはり来ましたね。まるで巨大ロボットのように見える甲冑による戦い。

 この巌窟王が、あえて歴史性に忠実なドラマであることを捨て、未来の話として再構成されたことは正解だと思います。なぜなら、そうしなければ、今時の若い視聴者にとって説得力のあるドラマに成り得ないであろうと思われるからです。今回の決闘シーンも、まさに、リアルな甲冑による戦いよりも、空想上にしか存在しないはずの巨大ロボットの方が、視聴者にはリアリティを持って感じられるであろうという点で、正しい選択をしたと感じられます。

 更に展開される残酷シーン。切り刻まれる身体。それは、ロボットの身体が相手だから成り立つ描写であるとも言えますね。むしろ、成り立ってしまうが故に描くことが出来、むごたらしい鮮烈な印象を残します。この凶悪さは、恐ろしいと同時に妖しい魅力を持ちます。

 それに加えて、てっきりアルベールが戦っているように思わせておきながら実はまだ寝ていたという意外な展開。何回も、「おっ」と思わせてくれますね。

今回の一言 §

 決闘の結果、ボロボロになった公園。まったく公共の施設を何だと思っているのか。もちろん、そのように目くじらを立てられるべき破壊行為であるからこそ、ある種の爽快感があるというものです (笑。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想巌窟王
【巌窟王】の次のコンテンツ
2005年
02月
23日
詐称貴族扱いされても親身に助けてくれる真の友人、ルノー!?
3days 0 count
total 2100 count
【巌窟王】の前のコンテンツ
2005年
02月
09日
かつてのフィアンセの息子に決闘を挑まれる伯爵の心中ははたして!?
3days 0 count
total 2259 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20050216215627
サイトの表紙【巌窟王】の表紙【巌窟王】のコンテンツ全リスト 【巌窟王】の入手全リスト 【巌窟王】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.