2005年03月02日
トーノZEROアニメ感想巌窟王total 2787 count

若者達が悪党と悪い大人を出し抜く、痛快女装メイドアニメ!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、翼の騎士トーノZEROのアニメ感想行ってみよう!

 今日の巌窟王の感想。

サブタイトル §

第二十幕

さよなら、ユージェニー

あらすじ §

 ユージェニーとカバルカンティの結婚の調印に、ペッポの助力を得たアルベールは入り込みます。

 ペッポが騒動を起こし、その混乱の中でアルベールはユージェニーを連れ出します。

 そこに、警官隊が乱入し、カバルカンティを経歴詐称などの罪で逮捕します。

 アルベールとユージェニーは真の愛を得ます。

 ユージェニーは旅立ちますが、フランツの手紙をアルベールに渡します。

 誰も恨むな、という手紙の内容を見て、アルベールはモンテ・クリスト伯爵と会って話をする必要があると思います。

感想 §

 これは爽快!

 悪党のカバルカンティ、そして、欲の奴隷となったダングラール。

 彼らの道具になったユージェニーを華麗に助け出す若者達。

 非常に良いのは、アルベールの友人達が、皆アルベールとユージェニーの味方であることですね。彼らは、けして、アルベールが貴族だから付き合っていたわけではありません。たとえ、アルベールが貴族ではないとしても、全面的な好意を見せてくれます。そこが、とても大きな救いというだけでなく、爽快感すら感じさせます。

 特に、リュシアン・ドプレーやポーシャンの態度が良いですね。彼らは、特に事前にアルベールと示し合わせていたわけではないのに、その場の即興で彼に効果的に協力します。その阿吽の呼吸が爽快ですね。

 そして、ペッポの魅力。調印の場でいきなり語り出す彼女もなかなかの役者ですね。一人で立ち去る時に、靴を脱いで歩き出す印象的な描写もナイスです。

 しかし、最も印象深いのはアルベール。何とメイド姿の女装で会場に侵入。よりによって女装とは! しかも、女装姿から正体を一目で見抜くユージェニーも、ただ者ではありませんね。やはり、愛のなせる技?

今回の名台詞 §

リュシアン「あいつは貴族じゃない。自由なんだ」

 貴族ではないことを肯定的に捉えた印象的な台詞ですね。

Facebook

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20050302230400
サイトの表紙【巌窟王】の表紙【巌窟王】のコンテンツ全リスト 【巌窟王】の入手全リスト 【巌窟王】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.