2005年03月05日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 2394 count

第24回 エコール・ド・シモン人形展

Written By: 川俣 晶連絡先

 今日は、「第24回 エコール・ド・シモン人形展」に行ってきました。

 内容は、上記サイトに以下のように記述されている通りでした。

四谷シモンの新作、少年の人形とエコール・ド・シモンに学ぶ人たちエコール・ド・シモンで学んだ人たちの人形を紹介し、販売します。

第24回 エコール・ド・シモン人形展第24回 エコール・ド・シモン人形展 [300x225] [600x450] [750x562] [1000x750] [1632x1224]

なぜこれに行こうと思ったのか §

 その理由は、押井守監督の映画「イノセンス」の登場人物(?)のキムのモデルになった人形を四谷シモンが作っていたという話にあります。

 四谷シモンの作品は、東京都現代美術館の球体間接人形展でも見ているはずですが、もっとちゃんと見ておきたいと思っていました。

その内容は? §

 しかし、上記公式サイトの言葉から分かる通り、大半は彼ではなく、彼の弟子の作品でした。

 そして、予想よりも過激度は低かった感じがあります。

 とはいえ、凶悪な作品もあって、なかなか刺激的でした。

 満足か不満足かと言えば、満足です。しかし、そこにある、ある種の病理性が自分を浸食しそうな怖さも感じられたのは事実です。

 ちなみに、見に来ていたのは、ほとんど女性でした。場違いな感じを受けましたが、そこはでかい態度で乗り切りました (笑。

ほとんどつぶやきにしかならないのだが §

 丁度読んでいた、大塚英志の「おたく」の精神史一九八〇年代論に出てくる「フェミニズムのようなもの」と、シモンの弟子の女性が作る人形は、どこか重なるような気がしました。

 女性の手によって、人形によって仮想化される身体と、そこに可愛い女性性が付与される二重性が、それとの関連性を意識させました。それが適切な印象か分かりませんが。

 もうちょっと丁寧に書かないと、予備知識のない読者には何が何やら分からないと思いますが、ここでそれを書く余裕がないので「御免!」。興味のある人は、上記書籍を読んで下さい。

Facebook

トラックバック一覧

2005年03月05日人形作家 四谷シモン 講談社From: Body First! オータム マガジン

第24回 エコール・ド・シモン人形展に行った時に購入。 受付で売っていたいくつかの書籍のうち、分厚い写真集をペラペラとめくってみたところ非常に良かったので、「うーん、清水の舞台から飛び降りる気持ちで 続きを読む

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2005年
03月
06日
ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館帰国展
3days 0 count
total 2505 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2005年
02月
27日
羽村市郷土博物館・羽村取水堰
3days 0 count
total 3878 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2005年
03月
03日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
「おたく」の精神史 一九八〇年代論 大塚英志 講談社
3days 0 count
total 1520 count
2005年
03月
06日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
「おたく」の精神史 一九八〇年代論 大塚英志 講談社
3days 0 count
total 1679 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20050305204811
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.