2006年11月16日
トーノZEROアニメ感想NARUTOtotal 3954 count

サクラちゃんの身軽なアクション、溺れるリーを救出する!?

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

名シーン(画像公開ポリシー)

水中からジャンプし、そのまま水面を走り、溺れるリーを助け出す軽やかなアクション。もともと知性派で活動的ではないサクラが魅力を発揮しうるアクションとは、このような軽い身体を活用したレスキューだろうか。

 トーノZERO, THE BELKANアニメ感想家(笑)のアニメ感想を参ります。

 今日のNARUTOの感想。

サブタイトル §

第210話「迷いの森」

あらすじ §

 サクラとリーは、森の中で謎の少年達に遭遇します。

 ナルトとトドロキは、不忍の襲撃から逃れます。

 そして、ガンテツを護送して森を抜けることになります。

 しかし、それは不忍のアジトがあるという迷いの森でした。

 ガンテツは、自ら道案内を名乗り出ます。そして、不忍は自分を助けるために来たのではなく、裏切り者の自分を始末しに来たのだと言います。

 家族をガンテツに殺されたと思い込んでいたトドロキは何回もガンテツを殺そうとし、ナルトに止められます。しかし、最後にはガンテツが仇であることを告白します。

感想 §

 復讐のために理性を失うトドロキ。

 彼の前では、あのナルトが知性派に見えてきます。

 実際、ガンテツに道案内させる必然性を考え、説得したのはナルトです。

 ここで魅力を発揮するのは、ガンテツ本人です。

 今回、やっと少し語り始め、ナルトを助けるための行動ににも出るガンテツは、とても頼りになる善人に見えます。理性を失ったトドロキよりも、ずっと善人に見えます。

 護送される側の方がずっと頼りになる……というのは、面白い矛盾ですね。

今回の一言 §

 一方でサクラとリーの活躍も見所になっています。ナルトと別行動になった二人には、アクションの見せ場もあります。体重の軽いサクラが身軽なのは当然として、リーの方も体術に優れた身軽な身体の持ち主です。身軽な二人が見せる身軽なアクションは1つの魅力ですね。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想NARUTO
【NARUTO】の次のコンテンツ
2006年
11月
30日
NARUTO感想は当分お休みします
3days 0 count
total 1900 count
【NARUTO】の前のコンテンツ
2006年
11月
09日
いい味を出している無口な大男、丸鉄(がんてつ)。復讐を願うトドロキとの関係はいかに!?
3days 0 count
total 3131 count

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20061116224914
サイトの表紙【NARUTO】の表紙【NARUTO】のコンテンツ全リスト 【NARUTO】の入手全リスト 【NARUTO】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.