2007年01月05日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 1561 count

王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 13 大河原遁 集英社

Written By: 川俣 晶連絡先

 読み終わってふと思ったこと。

 最後にセルジュが悠のところに転がり込んできます。

 これでマルコに続いて可愛い男の子の2人目です。

 この作品には色気のある女性も多数登場し、しかも悠自身も明らかに女性の方を好んでいます。

 それにも関わらず、男の子ばかりが悠の身近に集まるのは不思議ですね。

 大切なものは大切でありすぎて、かえって距離を取ってしまうのでしょうか?

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2007年
01月
10日
魔法先生ネギま! 16 赤松健 講談社 感想の続き・あるいは蛇足……
3days 0 count
total 3685 count
【感想編】の前のコンテンツ
2007年
01月
02日
Model Graphix (モデルグラフィックス) 2007年 02月号 大日本絵画
3days 0 count
total 1630 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20070105222740
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.