2007年09月08日
川俣晶の縁側過去形 本の虫回想編total 2528 count

現実世界と重なる異世界物語としてのドリトル先生・コロボックル

Written By: 川俣 晶連絡先

 「神奈川近代文学館・佐藤さとる コロボックル物語展 だれも知らない小さな国」を契機にして、少し書いてみたくなった作品論です。

子供の頃に好きだったドリトル先生とコロボックル §

 子供の頃に特に好きだった小説のシリーズは、ドリトル先生と佐藤さとるのコロボックルシリーズです。

似ている構造 §

 この2つは、作品が持つ構成が似ている……ということに気付きました。

  • 現実世界と重なって、もう1つの異世界が存在する (動物語でコミュニケーションする動物たちの世界、コロボックルの世界)
  • しかし、異世界の存在に人間達は気付かない
  • 主人公は、人間でありながら異世界の存在を知り、そこに越境する
  • 主人公は、2つの世界のパイプ役のような役目を務めるが、現実世界ではその役割が認知されない
  • 主人公は1人ではない。特別な人間ではなくても、主人公に立てる (ドリトルではないただの少年に過ぎないトミー・スタビンズは主人公になれ、せいたかさんではないただの少年に過ぎないおチャ公は主人公になれる)

 このように構造の骨格を抽出すると、呆れるほどに似ています。

なぜ心惹かれるのか §

 読者の視点から見て、このような構造にはどのような効能があるのでしょうか。

 それは、以下のような点に求められるかもしれません。

  • 現実世界と上手く折り合いを付けられない主人公が、異世界においては特権的な存在に立てる
  • 異世界に対して物理的に越境する必要がない。船で海に乗り出す必要も14万8千光年の旅をする必要もなく、ただ目の前の現実世界に重なって存在する異世界から承認されるだけでよい
  • 特別な存在ではないただの少年でも、主人公になれる

 つまり、身も蓋もなく言い換えれば、以下のように言い直すことができます。

  • 社会の中で上手くやっていけない者が、新しい場所に出かけていくという努力を払うことなく、自分を承認してくれる社会を得る
  • しかも、特別な存在である必要はない。ただの少年で良い

 実にご都合主義で現実逃避的な構造ですね。

 まず、ここを踏まえましょう。

 子供というのは、社会から一人前と承認されない存在でありながら、承認されたいという欲求を持っています。

 そのような立場の者から見て、「大人になるまで待つ」という正攻法ではない、裏技的な方法で社会からの承認を得るという物語構造が魅力的に見えるというのは、十分にあり得ることでしょう。

 しかし、これをもって結論として終わるのは早計でしょう。

 別の角度から見ると、現実逃避とは正反対の大きな価値がそこに見出されるのです。

 (未完……、続きが書かれるか否かは不明)

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫回想編
【回想編】の次のコンテンツ
2007年
12月
01日
「ちいさなのんちゃん」はオタク系バンド「Little Non」のボーカルだった、という衝撃
3days 0 count
total 3206 count
【回想編】の前のコンテンツ
2004年
10月
14日
矢野徹さんの訃報に思う
3days 0 count
total 3736 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
11月
20日
トーノZEROアニメ感想ハウルの動く城
宮崎駿監督でなければきっと公開できないような議論を呼びそうな傑作? 怪作?
3days 0 count
total 3181 count
2005年
09月
27日
トーノZEROアニメ感想わがまま☆フェアリーミルモでポン! ちゃあみんぐ
ついに全シリーズの最終回! 妖精への変身で終わるという展開は感涙もの!?
3days 0 count
total 45521 count
2010年
07月
16日
トーノZERO日本アニメ特撮こてん古典TVアニメ1970年代
冒険コロボックル
3days 0 count
total 2899 count
2010年
10月
05日
川俣晶の縁側辛口甘口雑記
ドリトル先生東京行き
3days 0 count
total 2164 count
2016年
01月
19日
トーノZERO映画感想
【アーサーとミニモイの不思議な国】と【誰も知らない小さな国】
3days 0 count
total 785 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20070908185240
サイトの表紙【回想編】の表紙【回想編】のコンテンツ全リスト 【回想編】の入手全リスト 【回想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.