2009年09月29日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読むtotal 4758 count

27巻・243時間目・全裸を晒す亜子により描かれる心の全裸

Written By: 川俣 晶連絡先

 243時間目の冒頭で亜子は入浴しています。最初は身体を小さく丸めていますが、ナギへの告白を決意して全裸で立ち上がり、「何の告白だい」と奴隷長と質問されて慌てます。

なぜ風呂なのか・なぜ全裸なのか §

 このシーンは性欲はあるが世間を知らないガキでスケベな男性オタクへのサービスのために、必然性は無いのに風呂場のシーンとして全裸に描いた……のではないと考えられます。

 このシーンにおいて、「亜子の身体」とは「亜子の心、本音」を間接的に表現するための手段として選択されています。つまり、服を着た亜子とは「本音を隠した亜子」であり、「全裸の亜子」とは「本音を晒した亜子」になります。

 そして、当初は本音すらも身体を丸めて湯の中に沈めて表に出すことをためらいます。

 続いて、本音を勢いよく白日の下に晒して告白する、という心情が「勢いよく全裸を人目に晒す」という身体的描写によって間接的に描かれています。

 従って、この場面において恥ずかしいのは「身体」ではなく「本音」です。それゆえに、奴隷長からの質問に顔を赤らめて慌てて恥ずかしがる亜子が気にするのは、「裸を見せたこと」ではなく「本音を晒したことに」にあるわけです。しかし、身体が「本音」を表現する手段である以上、表現としては「身体を晒したことを恥ずかしがるようなニュアンス」も間接的に含まれることになります。

「女をなめない」とはどういうことか §

 このシーンにおいて、主要な目的はあくまで「心」を描くことにあります。身体を描くことはその手段であって目的ではありません。弱く傷つきやすく、しかし勇気を持って苦難を乗り越える力を持つ「心」こそが主役です。

 であるから、この描写は「女をなめていない」のです。全力で「女」を描くことと向き合っていて、全裸であっても胸を張って誇らしく誰に対しても提示できます。

 一方で、「心」を描くための努力も払わず、単に必然性もなく裸を描くような作品も珍しくありません。そういう作品はやはり「女をなめている」と思います。

 さて、「女をなめている」作品に対して怒りを感じるのは誰でしょうか? 少なくとも1つだけ確実な者達がいます。それは「女好き」です。「女」の価値を高く評価し、それを「好きだ」と言える人間からすれば、「女をなめた」作品こそが忌み嫌うべき「女の冒涜者」そのものです。そして、もちろん私も「女好き」の1人です。

 そのような観点から言えば、ネギま!の価値とは、魅力的な女の子がたくさん出てきて女をなめずに「女を称えている」点にあると言えます。

Facebook

UQ HOLDER

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
【ネギま!を読む】の次のコンテンツ
2009年
10月
18日
ネギま!、ワンピース、フェアリーテイルに共通するオタクに不評である理由としての「ダイレクト系」
3days 0 count
total 4503 count
【ネギま!を読む】の前のコンテンツ
2009年
09月
25日
27巻・249時間目・人間核兵器としてのラカン
3days 0 count
total 2939 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2009年
07月
01日
魔法先生ネギま!~もうひとつの世界~OAD第1話プロモーションビデオの惨状
3days 0 count
total 3259 count
2009年
09月
17日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
魔法先生ネギま! 27 (少年マガジンコミックス), 赤松 健, 講談社
3days 0 count
total 2324 count
2009年
09月
17日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
月光条例 6 (少年サンデーコミックス), 藤田 和日郎, 小学館
3days 0 count
total 3164 count
2009年
09月
18日
魔法先生ネギま! 〜もうひとつの世界〜 第1話「壊滅!?ネギパーティ!!」感想
3days 0 count
total 11308 count
2009年
09月
21日
27巻・トサカさんが読んでいるBenjamin Charles Baudelaireとは何か?
3days 0 count
total 3164 count
2009年
09月
22日
同人誌「崖の上のネギま?」で考える・赤松健の正体は「漫画読み」の「第1世代オタク」であるという仮説
3days 0 count
total 10916 count
2009年
09月
23日
続・同人誌「崖の上のネギま?」で考える・赤松健の正体は「アニメの人」ではないという仮説
3days 0 count
total 9021 count
2009年
09月
23日
魔法先生ネギま! 〜もうひとつの世界〜 第1話「壊滅!?ネギパーティ!!」 構成上の疑問点
3days 0 count
total 3866 count
2009年
09月
24日
27巻・全般的な感想・それは予測を上回った(ラカンの予測も私の予測も)
3days 0 count
total 2877 count
2009年
09月
25日
27巻・249時間目・人間核兵器としてのラカン
3days 0 count
total 2939 count
2009年09月29日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読むtotal 4758 count

27巻・243時間目・全裸を晒す亜子により描かれる心の全裸

Written By: 川俣 晶連絡先

 243時間目の冒頭で亜子は入浴しています。最初は身体を小さく丸めていますが、ナギへの告白を決意して全裸で立ち上がり、「何の告白だい」と奴隷長と質問されて慌てます。

なぜ風呂なのか・なぜ全裸なのか §

 このシーンは性欲はあるが世間を知らないガキでスケベな男性オタクへのサービスのために、必然性は無いのに風呂場のシーンとして全裸に描いた……のではないと考えられます。

 このシーンにおいて、「亜子の身体」とは「亜子の心、本音」を間接的に表現するための手段として選択されています。つまり、服を着た亜子とは「本音を隠した亜子」であり、「全裸の亜子」とは「本音を晒した亜子」になります。

 そして、当初は本音すらも身体を丸めて湯の中に沈めて表に出すことをためらいます。

 続いて、本音を勢いよく白日の下に晒して告白する、という心情が「勢いよく全裸を人目に晒す」という身体的描写によって間接的に描かれています。

 従って、この場面において恥ずかしいのは「身体」ではなく「本音」です。それゆえに、奴隷長からの質問に顔を赤らめて慌てて恥ずかしがる亜子が気にするのは、「裸を見せたこと」ではなく「本音を晒したことに」にあるわけです。しかし、身体が「本音」を表現する手段である以上、表現としては「身体を晒したことを恥ずかしがるようなニュアンス」も間接的に含まれることになります。

「女をなめない」とはどういうことか §

 このシーンにおいて、主要な目的はあくまで「心」を描くことにあります。身体を描くことはその手段であって目的ではありません。弱く傷つきやすく、しかし勇気を持って苦難を乗り越える力を持つ「心」こそが主役です。

 であるから、この描写は「女をなめていない」のです。全力で「女」を描くことと向き合っていて、全裸であっても胸を張って誇らしく誰に対しても提示できます。

 一方で、「心」を描くための努力も払わず、単に必然性もなく裸を描くような作品も珍しくありません。そういう作品はやはり「女をなめている」と思います。

 さて、「女をなめている」作品に対して怒りを感じるのは誰でしょうか? 少なくとも1つだけ確実な者達がいます。それは「女好き」です。「女」の価値を高く評価し、それを「好きだ」と言える人間からすれば、「女をなめた」作品こそが忌み嫌うべき「女の冒涜者」そのものです。そして、もちろん私も「女好き」の1人です。

 そのような観点から言えば、ネギま!の価値とは、魅力的な女の子がたくさん出てきて女をなめずに「女を称えている」点にあると言えます。

Facebook

UQ HOLDER

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
【ネギま!を読む】の次のコンテンツ
2009年
10月
18日
ネギま!、ワンピース、フェアリーテイルに共通するオタクに不評である理由としての「ダイレクト系」
3days 0 count
total 4503 count
【ネギま!を読む】の前のコンテンツ
2009年
09月
25日
27巻・249時間目・人間核兵器としてのラカン
3days 0 count
total 2939 count
【ネギま!を読む】のコンテンツ全リスト【ネギま!を読む】の表紙

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2009年
07月
01日
魔法先生ネギま!~もうひとつの世界~OAD第1話プロモーションビデオの惨状
3days 0 count
total 3259 count
2009年
09月
17日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
魔法先生ネギま! 27 (少年マガジンコミックス), 赤松 健, 講談社
3days 0 count
total 2324 count
2009年
09月
17日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
月光条例 6 (少年サンデーコミックス), 藤田 和日郎, 小学館
3days 0 count
total 3164 count
2009年
09月
18日
魔法先生ネギま! 〜もうひとつの世界〜 第1話「壊滅!?ネギパーティ!!」感想
3days 0 count
total 11308 count
2009年
09月
21日
27巻・トサカさんが読んでいるBenjamin Charles Baudelaireとは何か?
3days 0 count
total 3164 count
2009年
09月
22日
同人誌「崖の上のネギま?」で考える・赤松健の正体は「漫画読み」の「第1世代オタク」であるという仮説
3days 0 count
total 10916 count
2009年
09月
23日
続・同人誌「崖の上のネギま?」で考える・赤松健の正体は「アニメの人」ではないという仮説
3days 0 count
total 9021 count
2009年
09月
23日
魔法先生ネギま! 〜もうひとつの世界〜 第1話「壊滅!?ネギパーティ!!」 構成上の疑問点
3days 0 count
total 3866 count
2009年
09月
24日
27巻・全般的な感想・それは予測を上回った(ラカンの予測も私の予測も)
3days 0 count
total 2877 count
2009年
09月
25日
27巻・249時間目・人間核兵器としてのラカン
3days 0 count
total 2939 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20090929154452
サイトの表紙【ネギま!を読む】の表紙【ネギま!を読む】のコンテンツ全リスト 【ネギま!を読む】の入手全リスト 【ネギま!を読む】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.