2009年12月11日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 1770 count

ブラタモリ『品川』感想

Written By: 川俣 晶連絡先

 昨日は風呂から上がったら母親が「空から日本を見てみよう」を見ていたので、思わず座り込んで天空散歩まで見てしまいますした。録画してあったし、しかもそれほど知らない東横線方面なのにね。

 その後でうだうだしているとブラタモリの時間になり、何となく見ていると。

 東海道はそれほど興味がありません。興味があるのは甲州街道です。そういう意味で、東海道の古いルートを歩いていくのは甲州街道の旧道を探る行為と割と近いかも。

 そして、もう1つは臨海部です。

 ちなみに、台場を探索するという趣味も良く分かります。(台場公園に行って中を探索したこともあるし)

 実は品川にはこれまでさほど興味はなかったのですが、臨海部を歩いてみたいということは前から考えていて、よく地図を見ていました。(こういう話を書くのは初めてかもしれません)

 というわけで、モノレールが見える風景はまさに趣味にジャストミートでした。

 しかし、船から見るという発想は相変わらず自分にはありませんが、よく考えてみれば「ブラタモ丸」のような「自分が自由にできる船」があれば喜んで乗るのではないかと後で思い直しました。

 そういえば、電車も時間を気にせず駅に行けば乗れる都会の電車ばかりが好きで、時間を合わせて行かないとなかなか乗れない八高線の電車にはそれほどそそられないことを思い出しました。

ブラタモリの個性? §

 そういえば、ブラタモリは水がよく似合いますね。

 もしかして、川、池、海が毎回のように出てくるのではないでしょうか?

 しかも印象的な役回りで?

 秋葉原に行ってもメイドより佐久間橋ですよ。

 品川でも新幹線の駅など登場せず、その代わりに運河と海ですよ。しかも、今回のCG再現はクレーンのある倉庫街です。水路を挟んでいます。

 そこに引きつけられるのかも。

追記 §

 そういえば、レインボーブリッジのループで橋ではなくループ内にとめてある船に注目する点もナイス。

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2009年
12月
11日
上北沢と皇居と空虚な中心
3days 0 count
total 1703 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2009年
12月
10日
東京の東部と西部では文化の断絶があるか?
3days 0 count
total 2409 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20091211113951
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.