UQ HOLDER!(8)
UQ HOLDER!(8)
紀伊國屋書店


B015170Q8C
Amazon.co.jp

UQ HOLDER!(7)
UQ HOLDER!(7)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(6)
UQ HOLDER!(6)
紀伊國屋書店


UQ HOLDER!(5)
紀伊國屋書店


UQ HOLDER!(4)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(3)
UQ HOLDER!(3)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(2)
UQ HOLDER!(2)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(1)
UQ HOLDER!(1)
紀伊國屋書店

2010年02月21日
川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読むtotal 2680 count

29巻・続々・苦悩あるところに魂が宿るのならば

Written By: 川俣 晶連絡先

 では、もうちょっとだけ先に進んでみようか。

苦悩あるところに物語があり

物語あるところに意志がある

・・そして意志がある物には魂が宿る

 これは物語論としての秀逸です。

 というのは、描かれたデフォルメされた絵でしかないキャラがなぜ「魂を持って実在する人間」のように愛されるのか、という理由の説明になっているからです。

 つまり、「たかが描かれた絵」に魂を宿すことはできるわです。

 そのためには「意志」が必要です。

 その「意志」は、「物語」を根拠にして生成されます。

 そして、「物語」が生成される根拠は「苦悩」にあるわけです。

 従って、キャラに生を与えるにはまず「苦悩」が必要というわけです。

ちなみに §

 最初にエヴァが言ったとき、苦悩や物語については言及していません。意志と魂だけです。つまり、エヴァが言ったとしてネギが言っていることになっていますが、もしかして実質的にネギオリジナルなのでしょうか?

更に余談を書けば §

 虚構のキャラに人間のように感情をそそぐ行為は、昔からよくあります。別にオタクが最初というわけでもないし、それに関する良いことも悪いことも分かり切っています。何ら目新しくありません。従って、本当なら「人形に魂はあるか」といった手垢のような話もさほどの意味はないわけです。問題はその先です。

 従って、エヴァはとっくに終わっていて「手垢の付いた話」として告げて、ネギはその先に考えが及ぶのかも。

Facebook

UQ HOLDER

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫ネギま!を読む
【ネギま!を読む】の次のコンテンツ
2010年
02月
22日
29巻・続々々・苦悩あるところに魂が宿るのならば
3days 0 count
total 2711 count
【ネギま!を読む】の前のコンテンツ
2010年
02月
21日
29巻・続・限定版アンケートはがきは伊達じゃない
3days 0 count
total 4374 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2010年
02月
19日
29巻・苦悩あるところに魂が宿るのならば
3days 0 count
total 2401 count
2010年
02月
20日
29巻・続・苦悩あるところに魂が宿るのならば
3days 0 count
total 2396 count
2010年
02月
22日
29巻・続々々・苦悩あるところに魂が宿るのならば
3days 0 count
total 2711 count
2010年
02月
22日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
「ヤマト魂」と「続々々々・苦悩あるところに魂が宿るのならば」と「魂の存在論」
3days 0 count
total 3035 count
2010年
02月
22日
29巻・続々々々々・苦悩あるところに魂が宿るのならば
3days 0 count
total 3145 count

UQ HOLDER!(8)
UQ HOLDER!(8)
紀伊國屋書店


B015170Q8C
Amazon.co.jp

UQ HOLDER!(7)
UQ HOLDER!(7)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(6)
UQ HOLDER!(6)
紀伊國屋書店


UQ HOLDER!(5)
紀伊國屋書店


UQ HOLDER!(4)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(3)
UQ HOLDER!(3)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(2)
UQ HOLDER!(2)
紀伊國屋書店

UQ HOLDER!(1)
UQ HOLDER!(1)
紀伊國屋書店

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20100221121319
サイトの表紙【ネギま!を読む】の表紙【ネギま!を読む】のコンテンツ全リスト 【ネギま!を読む】の入手全リスト 【ネギま!を読む】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.