君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

2010年04月08日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 3396 count

バス路線の研究で諸先輩方は既に先行していたらしい

Written By: 川俣 晶連絡先

 桜上水Confidentialさんからのメールで紹介されたHalf Mile Project 調査サブノート:三角橋のバスに既に話がありました。

 こういう話は貴重です。

「日東乗合」の、渋谷-世田谷町役場間(と「玉川乗合」の、渋谷-新町間)のバスが、渋谷駅前ではなく、玉川電車で渋谷から1駅の「道玄坂上」を起点としていたことがわかる。

 「玉電が走った街 今昔」の折り返しの地図では起点は道玄坂上ではなく更に1もう1つ下がった大坂上を通り過ぎて上通り4丁目交差点か、そこも中継点であって渋山で行くのかは分かりませんが。それは東急のバスでしょう。時期の差か会社の差かは分かりませんがともかくこのあたりが起点になったわけですね。

更に発見 §

 「玉電が走った街 今昔」の目次ページ掲載の昭和8年の沿線遊覧案内にもバス路線がありました。道玄坂上起点で溝の口の先まで行くラインと、渋谷起点で道玄坂上から分かれて経堂方面に行くラインが見られます。このラインは豪徳寺を東に回るルートのようです。

本当にバスはすれ違ったらしい §

 以下に桜上水Confidentialさんからの内容をご紹介しておきます。不都合がありましたら。ご連絡下さい。

バス路線のお話しは、一昨年かなぁ?

きむらさんからご教示いただいたことがありましたね。

きむらさんのHalf Mile Project 三角橋のバス

http://homepage3.nifty.com/baumdorf/KimuTaka/HalfMile/SankakuBus.htm#ShidouChizu

に詳しくありますが、

渋谷(上豊沢)-経堂間のバス路線は、もともと三角橋、池ノ上経由淡島、さらに世田谷町役場(区役所)、そして経堂(恵泉前)と伸びていったものでした。

恵泉前のバス停は、経堂小学校とはす向かいにあったのでしょう。

そこまでバス路線であったは、そこから先は世田谷でなく、千歳村だったことと関係があるかもしれません。

経堂在家村は、明治22年の町村合併前から世田谷村と連合村であり、地域的なつながりが、瀧坂道を通じてあったのだと思います。

先ごろ、渋谷からの小田急バスが、梅ヶ丘から経堂まで延伸されました。

このバス路線が、いわば世田谷区内最古のバス路線である渋谷ー経堂間バス路線の後継者なのでしょう。

もっとも、渋谷ー東大裏ー三角橋ー淡島ー若林ー(旧)宮の坂ー経堂と走った、当初の路線とは、今の路線は交差することはあっても、同一の経路はたどっていません。

:::::::::::::::

私たちの小学生時代、経堂には三つのバス路線が入っていました

渋谷ー246-世田谷通りー上町ー(新)宮の坂ー経堂の東急ー都バス共同運行路線

渋谷ー淡島通りー宮前橋ー梅ヶ丘ー赤堤通りー西福寺通りー経堂の小田急バス

経堂ー仙川の小田急バス

経堂駅から仙川までの瀧坂道を走っていたは、経堂ー恵泉前路線を引き継いだ小田急のボンネットバスでした。

今でも幅6m(かな?当時は4mかも)の瀧坂道を、なんと、バス同士がすれ違ってました。

今、小田急バスの本社は仙川にあります

もともと、そちらと縁の深いバス会社を小田急が買収した故と聞きます

 滝坂道をボンネットバス、という光景は凄いですね。しかもすれ違いもありとは。

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2010年
04月
08日
山下駅の研究・これは一筋縄では行かないか
3days 0 count
total 2757 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2010年
04月
08日
世田谷線は不自然である疑惑
3days 0 count
total 2825 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2010年
04月
07日
滝坂道を走るバス路線があったらしい
3days 0 count
total 3511 count


君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20100408122515
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.