2011年03月13日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 1837 count

玉川上水下高井戸分水再見・実はまだまだ先があったのか!?

Written By: 川俣 晶連絡先

 玉川上水下高井戸分水は割と明瞭に痕跡が残っていて、始点の終点の解釈以外は割と明瞭に分かっている……と思っていました。

 しかし、最近になってそれは大きな間違いではないか、と思えるようになってきました。

 農業用水としての水路は2本セットの複線水路が基本です。

 整理統廃合されて単線の排水路化された最終形の痕跡が簡単に確認できるというだけで、実はもう1本あったのではないか、と思うわけです。

 そう思いながら歩いて見ると、実際に現在残る径路の南側に断続的な道があるように見えます。これが「もう1本」の残骸である可能性があります。(逆側はけっこう大きな段差があり、その方向にもう1本は考えにくい)

 あるいは部分的に複線ではなく3線かもしれない部分もあります。

 この問題は、他のいくつかの問題とも連動して解釈の幅を広げる可能性があります。

余談 §

 実は最近、玉川上水下高井戸分水に関して自分が分かっていることをまとめた冊子を作ろうかと考え始めています。大したものではありませんが。それと連動して、玉川上水下高井戸分水を歩くイベントも企画しようかと考えています。それに関連して改め歩いて見ると、まだまだ奥深いことに気付いてきました。

 こういう本の出版を引き受けようという出版社があれば良いのですが、まあテーマ的に無理かな。

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2011年
03月
14日
いなげや前支流(仮称)こそが最初の分水口の名残であるか?
3days 0 count
total 2182 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2011年
03月
11日
甲州街道に徒歩の帰宅ラッシュを見た
3days 0 count
total 2007 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20110313000138
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.