2015年01月24日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 887 count

理想の戦艦大和としてのヤマト論

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「たまたまこれを見てハッとした」

室蘭艦砲射撃より

室蘭防衛隊隷下の第8独立警備隊[2]は15cmカノン砲などの重砲も有しており、港湾に接近する艦艇への抑止力として期待されていたが、艦隊は港口とは向きが異なる南東(登別方面沖)方向からの遠距離射撃を行っており無力であった。

「どこが?」

「敵の射程外からの遠距離射撃とは、本来なら日本海軍側がやろうとしていたことだ。そのための46センチ砲搭載の戦艦大和だ」

「でも、アメリカ海軍にやられちゃったわけだね」

「他に、大和も出し惜しみしないで、ガダルカナルを砲撃させれば……、という後悔があって『連合艦隊ついに勝つ』でやってしまうわけだが、それもアメリカは実践したことになる」

「最強戦艦を使っての地上目標への艦砲射撃ってことだね」

「では、なぜ日本海軍は同じことができなかったのだろうか。なぜアメリカ海軍ができたのだろうか」

「なんかいろいろ理由はありそうだけど」

「戦争の序盤中盤はともかく、終盤では大和は沖縄に行こうとした。でも行けなかった。アイオワは室蘭に行けた。この差はなんだ?」

「アメリカが優勢だから?」

「もっと具体的に言えば、制空権があったからだ」

「なるほど。でもそれとヤマトがどう関係するの?」

「だからさ。実際にはアイオワが理想の大和として活躍してしまったとしても、やはり大和を活躍させたいと思ってフィクションを考えたとき、いったいどのような大和であるべきか」

「制空権取ってくれる味方とワンセット?」

「そんな味方は既にいない。あくまで自力が前提」

「なら大和自身で制空権を確保するしかないよ」

「そうだっ! 宇宙戦艦ヤマトとはそういうコンテキストで見るとより良く分かる」

「えー」

「宇宙戦艦ヤマトとは制空権が自力で確保できる戦艦大和だったのだ」

「具体的には?」

  • 主要兵装が全て対空用ないし対空用に使える
  • ほとんどの兵装が上を付いている。敵機は上から来るから (下から来る潜水艦はあまり意識していない)
  • 戦闘機隊を搭載している
  • 自分自身が空を飛ぶ

「従って、航空機の暗喩である全ての敵艦に勝利するヤマトも、ガルマンウルフにだけは負けてしまう」

「そこかっ! そこがガルマンウルフの特異性か!」

「そうだな」

「さらばの潜宙艦は?」

「あれは、ヤマトとは直接戦ってない」

「仕留めたのは地球艦隊ってことだね」

「ソナー(と言う名の照明弾)をあげよ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
01月
25日
2015/01/24・博多焼きとりヤマト新年会感想 & むらかわ版コミックヤマト2199第6巻感想
3days 0 count
total 926 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
01月
23日
SPACE BTTLESHIPヤマトは無かったことにする症候群
3days 0 count
total 955 count
2015年01月24日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 887 count

理想の戦艦大和としてのヤマト論

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

「たまたまこれを見てハッとした」

室蘭艦砲射撃より

室蘭防衛隊隷下の第8独立警備隊[2]は15cmカノン砲などの重砲も有しており、港湾に接近する艦艇への抑止力として期待されていたが、艦隊は港口とは向きが異なる南東(登別方面沖)方向からの遠距離射撃を行っており無力であった。

「どこが?」

「敵の射程外からの遠距離射撃とは、本来なら日本海軍側がやろうとしていたことだ。そのための46センチ砲搭載の戦艦大和だ」

「でも、アメリカ海軍にやられちゃったわけだね」

「他に、大和も出し惜しみしないで、ガダルカナルを砲撃させれば……、という後悔があって『連合艦隊ついに勝つ』でやってしまうわけだが、それもアメリカは実践したことになる」

「最強戦艦を使っての地上目標への艦砲射撃ってことだね」

「では、なぜ日本海軍は同じことができなかったのだろうか。なぜアメリカ海軍ができたのだろうか」

「なんかいろいろ理由はありそうだけど」

「戦争の序盤中盤はともかく、終盤では大和は沖縄に行こうとした。でも行けなかった。アイオワは室蘭に行けた。この差はなんだ?」

「アメリカが優勢だから?」

「もっと具体的に言えば、制空権があったからだ」

「なるほど。でもそれとヤマトがどう関係するの?」

「だからさ。実際にはアイオワが理想の大和として活躍してしまったとしても、やはり大和を活躍させたいと思ってフィクションを考えたとき、いったいどのような大和であるべきか」

「制空権取ってくれる味方とワンセット?」

「そんな味方は既にいない。あくまで自力が前提」

「なら大和自身で制空権を確保するしかないよ」

「そうだっ! 宇宙戦艦ヤマトとはそういうコンテキストで見るとより良く分かる」

「えー」

「宇宙戦艦ヤマトとは制空権が自力で確保できる戦艦大和だったのだ」

「具体的には?」

  • 主要兵装が全て対空用ないし対空用に使える
  • ほとんどの兵装が上を付いている。敵機は上から来るから (下から来る潜水艦はあまり意識していない)
  • 戦闘機隊を搭載している
  • 自分自身が空を飛ぶ

「従って、航空機の暗喩である全ての敵艦に勝利するヤマトも、ガルマンウルフにだけは負けてしまう」

「そこかっ! そこがガルマンウルフの特異性か!」

「そうだな」

「さらばの潜宙艦は?」

「あれは、ヤマトとは直接戦ってない」

「仕留めたのは地球艦隊ってことだね」

「ソナー(と言う名の照明弾)をあげよ」

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
01月
25日
2015/01/24・博多焼きとりヤマト新年会感想 & むらかわ版コミックヤマト2199第6巻感想
3days 0 count
total 926 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
01月
23日
SPACE BTTLESHIPヤマトは無かったことにする症候群
3days 0 count
total 955 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150124095420
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.