2015年07月29日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 842 count

続・ヤマト2199が本当に目指したものは何か

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

本来のヤマト2199 §

「じゃあ、君が考えた本来のヤマト2199の企画とは?」

「たとえば以下のような内容が推定できる」

  • ガミラス(の少なくとも一部)との和解
  • イスカンダルが敵対者の属性を持つ
  • 終盤において、主要登場人物あるいは地球そのものの死または大きな傷

「おおむね、そういう方向に沿っているようにも思えるよ。一部とは和解したし、スターシャは敵対者っぽく振る舞うし、終盤で死んじゃう主要登場人物はいるし」

「程度問題として、もっと徹底的に行ったのだろう」

「というと?」

「たとえばさ。イスカンダルであった水着とか花摘みとか、あの辺のはっきり言ってつまんないどうでも良いシーンは、本来ならもっとえげつない辛辣なシーンが入る筈だった時間の辻褄合わせではないかと思わないこともないのだ」

「それではファンに受け入れられないから、スターシャは説得されてその気になるような流れにしてあるわけだね」

「でもね。スターシャには悪女っぽい雰囲気がかなり残っている感じだな」

「ひ~」

ヤマト2199とは何か §

「結局ヤマト2199とは、簡単に言えばスターウォーズ3を作ろうとしたが、諸般の圧力からスターウォーズ4的に作られた結果、印象がはっきりせず、煮え切らない内容になったのだろう。つまり、作品に背骨がない」

「背骨がないとは?」

「軸になる価値観が無いんだよ。企画を考えた当初はあったと思うけどね。しかし、企画が成立するためには邪魔なので、いつの間にか消えてしまった。しかし、背骨が無いのにニーズはあるから作品としては作られる。作られるが迷走の結果は、迷走の結果でしかないので、なかなか上手くまとまらない。一応、ヤマト2199テレビシリーズの最終回はそこだけは上手くまとまったと思うのだがね。結局方舟という駄作が【真の結末】を名乗った結果としてぶちこわしになってしまった」

「結論をまとめるとどうなる?」

「ヤマト2199が本来目指すべきだった地平は到達不能だったと思う。スタッフが共有する目標としては設定不可能であり、全員が一丸となって目指せないものだと思う」

「でもそれが求められたわけだね?」

「求めるのは簡単だ。洋画を見て【これ】と言えば良い」

「でも、実現は難しいわけだね?」

「世界に通用するクールジャパンという幻想にあぐらをかいていた人達にはジャンプの幅が大きすぎる」

「分かった。無理のある目標設定によって迷走し、クラシックなヤマトにも、新しヤマトにもなれなかったのがヤマト2199ってことだね」

「どのみち、迷走しなくても、クラシックなヤマトにも新しヤマトにもなれなかったのだよ。思い出補正が掛かっているからクラシックなヤマトの水準は過剰に高すぎるし、新しいヤマトはファン層が受け付けない」

「受け付けないって証明できる?」

「新宇宙戦艦ヤマトという事例はある」

「それは見なかったことにしよう」

「そうだな」

「話はそれでおしまい?」

「いや、実はもう1つ重大な推測が可能になった」

(続く)

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
07月
30日
続々・ヤマト2199が本当に目指したものは何か
3days 0 count
total 826 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
07月
28日
ヤマト2199が本当に目指したものは何か
3days 0 count
total 893 count
2015年07月29日
トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマトtotal 842 count

続・ヤマト2199が本当に目指したものは何か

Written By: トーノ・ゼロ連絡先

本来のヤマト2199 §

「じゃあ、君が考えた本来のヤマト2199の企画とは?」

「たとえば以下のような内容が推定できる」

  • ガミラス(の少なくとも一部)との和解
  • イスカンダルが敵対者の属性を持つ
  • 終盤において、主要登場人物あるいは地球そのものの死または大きな傷

「おおむね、そういう方向に沿っているようにも思えるよ。一部とは和解したし、スターシャは敵対者っぽく振る舞うし、終盤で死んじゃう主要登場人物はいるし」

「程度問題として、もっと徹底的に行ったのだろう」

「というと?」

「たとえばさ。イスカンダルであった水着とか花摘みとか、あの辺のはっきり言ってつまんないどうでも良いシーンは、本来ならもっとえげつない辛辣なシーンが入る筈だった時間の辻褄合わせではないかと思わないこともないのだ」

「それではファンに受け入れられないから、スターシャは説得されてその気になるような流れにしてあるわけだね」

「でもね。スターシャには悪女っぽい雰囲気がかなり残っている感じだな」

「ひ~」

ヤマト2199とは何か §

「結局ヤマト2199とは、簡単に言えばスターウォーズ3を作ろうとしたが、諸般の圧力からスターウォーズ4的に作られた結果、印象がはっきりせず、煮え切らない内容になったのだろう。つまり、作品に背骨がない」

「背骨がないとは?」

「軸になる価値観が無いんだよ。企画を考えた当初はあったと思うけどね。しかし、企画が成立するためには邪魔なので、いつの間にか消えてしまった。しかし、背骨が無いのにニーズはあるから作品としては作られる。作られるが迷走の結果は、迷走の結果でしかないので、なかなか上手くまとまらない。一応、ヤマト2199テレビシリーズの最終回はそこだけは上手くまとまったと思うのだがね。結局方舟という駄作が【真の結末】を名乗った結果としてぶちこわしになってしまった」

「結論をまとめるとどうなる?」

「ヤマト2199が本来目指すべきだった地平は到達不能だったと思う。スタッフが共有する目標としては設定不可能であり、全員が一丸となって目指せないものだと思う」

「でもそれが求められたわけだね?」

「求めるのは簡単だ。洋画を見て【これ】と言えば良い」

「でも、実現は難しいわけだね?」

「世界に通用するクールジャパンという幻想にあぐらをかいていた人達にはジャンプの幅が大きすぎる」

「分かった。無理のある目標設定によって迷走し、クラシックなヤマトにも、新しヤマトにもなれなかったのがヤマト2199ってことだね」

「どのみち、迷走しなくても、クラシックなヤマトにも新しヤマトにもなれなかったのだよ。思い出補正が掛かっているからクラシックなヤマトの水準は過剰に高すぎるし、新しいヤマトはファン層が受け付けない」

「受け付けないって証明できる?」

「新宇宙戦艦ヤマトという事例はある」

「それは見なかったことにしよう」

「そうだな」

「話はそれでおしまい?」

「いや、実はもう1つ重大な推測が可能になった」

(続く)

Facebook

宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトとその時代【Kindle版電子書籍】 §

 宇宙戦艦ヤマト成立の時代背景を検証した研究書です。ブログに書いていない話題も多く収録しています。是非お読みください。Android/iPhone/iPad/Windows PCなどですぐ読めます。Webブラウザ用のリーダーもAmazonから提供されています。

同人小説(PDF形式、無料ダウンロード可能) §

小説推理サイボーグシリーズ (PDF形式、無料ダウンロード可能) §

キーワード【 トーノZEROアニメ感想宇宙戦艦ヤマト
【宇宙戦艦ヤマト】の次のコンテンツ
2015年
07月
30日
続々・ヤマト2199が本当に目指したものは何か
3days 0 count
total 826 count
【宇宙戦艦ヤマト】の前のコンテンツ
2015年
07月
28日
ヤマト2199が本当に目指したものは何か
3days 0 count
total 893 count
【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト【宇宙戦艦ヤマト】の表紙

このコンテンツを書いたトーノ・ゼロへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノ・ゼロに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノ・ゼロへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノ・ゼロよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20150729081239
サイトの表紙【宇宙戦艦ヤマト】の表紙【宇宙戦艦ヤマト】のコンテンツ全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】の入手全リスト 【宇宙戦艦ヤマト】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノ・ゼロ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.