2017年01月18日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 374 count

D51 200テンダーの謎・D51 254テンダーの謎

Written By: 川俣 晶連絡先

「成田図書館でやっとレイル94を見ることができて、D51 200テンダーの謎を読むことができた」

「感想はどうだい?」

「圧倒された。何しろ、テンダー機関車の炭水車など、どうせワンセットで永久連結されたオマケぐらいに思っていたらそんなことはない。単体で型番があり、本来の炭水車以外と連結している機関車も多くあることが分かった」

「8-20とか8-20Aとか8-20Bとか10-20に目覚めてしまったわけだね」

「そうだ」

「それで目覚めてどうしたんだ?」

「実は、成田図書館からの帰りにある成田の交通公園にD51 254が静態保存されている。それを見に行ったよ」

「なぜ見に行ったの?」

「理屈の上ではどんなテンダーが付いているか推定可能だが、いろいろ入れ替えがあるから本当に何が付いているのかは見てみないと分からないと思ってね」

「それでどうだった?」

「テンダーのナンバーが無かった。末尾のD51 254のプレートの下は真っ黒」

D51 254

「えー」

「というわけで、交通公園に保存されているD51 254に連結しているテンダーがどのタイプなのか分からなかった」

「形状から調べろよ」

「詳細資料をコピーしてこなかったので、判定不能だ」

「ダメじゃん」

オマケ §

「このページ(保存D51254)を見ると、【D51254に見られる他機の刻印】とあって、D51254以外のパーツが使ってある箇所があるようだ。これは参った。昔から交通公園に置いてあるD51としてスルーしていたが無視してはならなかった」

「見どころはいくらでもあるわけだね」

「それに、屋外展示機としては割と程度の良い方だと思う。丁寧に維持されているよ。どうやら、国鉄からの借り物らしい」

教訓 §

 比較的近所の交通公園を笑う者は、比較的近所の交通公園に泣く。

昔の写真 §

「1998年に梅小路に行って、SLスチーム号を牽引するD51 200を見てきた。その時の写真でテンダーの型番が分かるかと思ったが、そこまで撮影する時間はなかったようでそれが見える写真は無かった」

「これが精いっぱいってことだね」

「この時はもう夕方で時間いっぱい。すぐ暗くなってしまったからな」

D51 200

オマケ §

「成田図書館でレイル94を見てD51のテンダーに関する写真や図面をたっぷり見てから、成田の交通公園でD51 254の現物を見る。完璧なD51コンボだ」

「成田詣では終わらないわけだね」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2017年
01月
30日
世田谷公園のD51はいいぞ。8-20Bのプレートも残存
3days 3 count
total 218 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2017年
01月
10日
1941年下高井戸2丁目、謎の円形
3days 2 count
total 270 count
2017年01月18日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 374 count

D51 200テンダーの謎・D51 254テンダーの謎

Written By: 川俣 晶連絡先

「成田図書館でやっとレイル94を見ることができて、D51 200テンダーの謎を読むことができた」

「感想はどうだい?」

「圧倒された。何しろ、テンダー機関車の炭水車など、どうせワンセットで永久連結されたオマケぐらいに思っていたらそんなことはない。単体で型番があり、本来の炭水車以外と連結している機関車も多くあることが分かった」

「8-20とか8-20Aとか8-20Bとか10-20に目覚めてしまったわけだね」

「そうだ」

「それで目覚めてどうしたんだ?」

「実は、成田図書館からの帰りにある成田の交通公園にD51 254が静態保存されている。それを見に行ったよ」

「なぜ見に行ったの?」

「理屈の上ではどんなテンダーが付いているか推定可能だが、いろいろ入れ替えがあるから本当に何が付いているのかは見てみないと分からないと思ってね」

「それでどうだった?」

「テンダーのナンバーが無かった。末尾のD51 254のプレートの下は真っ黒」

D51 254

「えー」

「というわけで、交通公園に保存されているD51 254に連結しているテンダーがどのタイプなのか分からなかった」

「形状から調べろよ」

「詳細資料をコピーしてこなかったので、判定不能だ」

「ダメじゃん」

オマケ §

「このページ(保存D51254)を見ると、【D51254に見られる他機の刻印】とあって、D51254以外のパーツが使ってある箇所があるようだ。これは参った。昔から交通公園に置いてあるD51としてスルーしていたが無視してはならなかった」

「見どころはいくらでもあるわけだね」

「それに、屋外展示機としては割と程度の良い方だと思う。丁寧に維持されているよ。どうやら、国鉄からの借り物らしい」

教訓 §

 比較的近所の交通公園を笑う者は、比較的近所の交通公園に泣く。

昔の写真 §

「1998年に梅小路に行って、SLスチーム号を牽引するD51 200を見てきた。その時の写真でテンダーの型番が分かるかと思ったが、そこまで撮影する時間はなかったようでそれが見える写真は無かった」

「これが精いっぱいってことだね」

「この時はもう夕方で時間いっぱい。すぐ暗くなってしまったからな」

D51 200

オマケ §

「成田図書館でレイル94を見てD51のテンダーに関する写真や図面をたっぷり見てから、成田の交通公園でD51 254の現物を見る。完璧なD51コンボだ」

「成田詣では終わらないわけだね」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2017年
01月
30日
世田谷公園のD51はいいぞ。8-20Bのプレートも残存
3days 3 count
total 218 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2017年
01月
10日
1941年下高井戸2丁目、謎の円形
3days 2 count
total 270 count
【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト【下高井戸周辺史雑記】の表紙

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20170118163727
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.25 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2017 Pie Dey.Co.,Ltd.