君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

2017年05月03日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 1064 count

明大前駅から和田堀給水所までの想定水路

Written By: 川俣 晶連絡先

「菊川さんが調査の結果、和田堀給水所から明大前駅方面への水路が何本も想定しうるとFacebookのグループ【東京西部郷土史研究会(仮)】で言っているので、半信半疑で自転車に乗って試しに1本の微低地を辿ってみたらあっさり和田堀給水所に到着した。以下が仮の想定経路」

「この通りに移動したの?」

「実際は下流側は少し北側の道を行った等の差はあるし、他もいろいろあるけど、大ざっぱに言えばこんな感じ」

「それだけ?」

「実は過去に明大前東部の水路跡探索続・明大前東部の水路跡探索として見に行った経路もそのまま上流部に人工水路が繋がって和田堀給水所に繋がる可能性もある」

「へー」

「昔見た風景に出合って驚きさ」

新仮説 §

「で、君の考えは何?」

「馬事公苑がそうであったように、和田堀給水所も東西南北全ての方向に対する水路の起点になっていたのではないだろうか。水の重要施設になってしまったので見えにくいが」

「もともと水の重要な拠点だったと思えば、自然に水の重要施設に進化できるわけだね」

「そして、馬事公苑は水を使う馬と農業の拠点に進化した」

「いずれにしてもポイントは水だね」

追記・もう1つの想定経路 §

 扶桑教本部を貫通して松原つみき公園(消防水利の看板あり)まで。その先は不詳なれど、その先は当然あってもおかしくない。

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2017年
05月
16日
経堂のB29と砧公園北部の支流
3days 0 count
total 741 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2017年
04月
18日
ごちそう列車(1953年)を見る
3days 0 count
total 916 count


君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+
Amazon.co.jp


ハイキングの歴史【改訂版】: 登山、行軍、そして探勝
Amazon.co.jp


京王帝国の興亡: 激動の多摩丘陵百年史
Amazon.co.jp


プールの歴史: 井の頭の天然池ブール・多摩川遊泳場・そして金子の婦人専用プール
Amazon.co.jp


多摩・八王子・拡張武蔵野(エクステンシノ): 国木田独歩没後111周年企画
Amazon.co.jp


カルピス飲んで朝ご飯・昭和10年8月井の頭公園のカルピス朝飯会
Amazon.co.jp


謎に包まれた琵琶滝駅・高尾山ケーブルカーの中間駅は本当にあったのか?
Amazon.co.jp


高尾山駅ミステリー・謎に包まれたもう1つの【高尾駅】は実在したか?
Amazon.co.jp


野球は巨人・キャラメルは紅梅・謎は杉並大工場の所在地
Amazon.co.jp


玉電ミステリー・瀬田停留所が2つある!?
Amazon.co.jp


歴史ノンフィクション・最も短い分水のミステリー 玉川上水下高井戸分水 (PDミニブックシリーズ)
Amazon.co.jp


河川・水路跡の探し方 ~徒歩圏内で探し出すあなたの街の歴史の神秘~
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20170503144833
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.