2019年06月04日
川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記total 504 count

井の頭公園のプールはいくつあったのか?

Written By: 川俣 晶連絡先

「井の頭公園に過去存在したプールの数は諸説あってはっきりしないが、君はいくつ知っているか・京王と帝都の歴史とトリビア100+では、井の頭公園に過去存在したプールは3つと結論した」

「それに問題があるの?」

「調べるともっとあった」

「えー」

「取りあえず重複を含めて全て列挙する」

  • 児童用徒渉池(丸池)
  • 徒渉池(子供プール) (市営プール併設)
  • 子供ノ水泳場 (天然プール) (井の頭の池の東端の水門の手前あたりと推定)
  • 子供水泳場第二プール (井の頭の池の東端の水門の手前と井の頭公園駅の中間と推定)
  • 井の頭遊園子供プール
  • 市営プール(移転前)
  • 市営プール(移転後)

「多いね」

「しかし、【市営プールに併設された徒渉池】と【子供水泳場第二プール】がイコール関係だと気付いてパッと整理できた」

「つまりなんだい?」

「こういう関係だ」

  • 児童用徒渉池(丸池)=子供ノ水泳場 (天然プール)
  • 子供水泳場第二プール=井の頭遊園子供プール=徒渉池(子供プール) 

「整理できたわけだね」

「話を分かりにくくしている要素がいくつかあるようなので、整理しよう」

  • 最初に生まれたのは子供用天然プールであるが危険であった
  • 次に昭和8年頃、市営プールが建設されている。市営プールは大人向きの本格プールと安全な子供プールから構成されていた。ただしこの時点では天然プールは廃止されておらず、新しい子供プールは第二と呼ばれている
  • 天然プールはすぐに廃止されたと思われる。ここで子供プールから【第二】の文字が取れる
  • 子供プールは比較的早期に廃止される (時期不詳)
  • 本格プールの方は昭和58年頃に井の頭公園西部に移転してその後廃止されて残っていない
  • 子供用プールは徒渉池と呼ばれることがあり一貫しない。また、天然プールは丸池と呼ばれることがあり一貫しない。

「なるほど。話がややこしい」

「というわけで、井の頭公園周辺にあったプールの数は4つだろう。天然プール、子供プール、本格市営プール移転前、移転後の合計4つだ。他は全て名称の問題だろう」

残された問題 §

「残された課題もある」

「それはなんだい?」

「まだまだ終わらないわけだね」

「でも、本格的に追いかけるのはつらいぞ。そこは主テーマでは無いから」

Facebook

下高井戸周辺史雑記

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化下高井戸周辺史雑記
【下高井戸周辺史雑記】の次のコンテンツ
2019年
06月
05日
豚は決戦動物・井の頭公園の歴史とは
3days 108 count
total 541 count
【下高井戸周辺史雑記】の前のコンテンツ
2019年
06月
03日
富士見ヶ丘・都市化構想の仮説
3days 47 count
total 456 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2019年
06月
02日
井の頭公園のプールは3つあった?
3days 1 count
total 294 count
2019年
06月
09日
続々・井の頭公園のプールはいくつあったのか?
3days 152 count
total 572 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20190604170904
サイトの表紙【下高井戸周辺史雑記】の表紙【下高井戸周辺史雑記】のコンテンツ全リスト 【下高井戸周辺史雑記】の入手全リスト 【下高井戸周辺史雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.