2004年01月09日
トーノZEROアニメ感想Gungravetotal 3618 count

何かあるとは予測していたが、まさか主人公が死!? そしてそのための伏線としてのネクロライズ!?

Written By: トーノZERO連絡先

 謎のアニメ感想家(笑)、トーノZEROです。

 2004年1月6日のGungraveの感想。

 「裏切らないこと」と語るビッグダディ。それを聞く後ろ暗いハリー。

 男と女の関係になっているマリアとビッグダディ。養父と娘の関係を超えてしまったわけですね。超えるところまで追い込んだのは、ハリーであり、間接的にブランドンとも言えますね。彼がもっとマリアに会って優しくしていれば、別の展開もあったでしょう。

 ハリーではなく、無名の男を後継に指名するビッグ・ダディ。

 何かが気に掛かる、というハリーを指名しない理由。やはり、ビッグ・ダディは人を見る目がありますね。

 2話ぐらいに殺されてしまったかつてのチンピラ仲間の墓参り。思い出の場所を見るハリーの表情の純情さ。

 これが最後の幸せなとき。分かれる二人の道。

 今回、特に絶品と言えるエレベーターの光線と影の演出。

 光の中のブランドン。影の中のハリー。

 「ビッグ・ダディを殺せばマリアもおまえのものになる」という最悪の台詞を言うハリー。マリアに対するブランドンの微妙な心理を、ハリーは分かっていなかったのでしょうか。それとも分かっていて、あえて自分を殺すようにし向けてみたのでしょうか。

 しかし、ハリーが裏切り者と分かっても撃てないブランドン。

 そして、ブランドンを撃つハリー。

今回の一言 §

 ハリーは破滅へ一直線でしょう。そして、ブランドンははたして死んだのでしょうか。死んだとしか思えないシチュエーションではありますが。死んだとすれば、ネクロライズという技術の存在が突然大きな意味を持ちますね。たとえ主人公が死んでも、ネクロライズによって蘇ることができるわけです。もしそうなら、意味深で遠大な伏線です。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想Gungrave
【Gungrave】の次のコンテンツ
2004年
01月
10日
滅多にあることではないが、今一度第1話を見返してしまった感想!?
3days 0 count
total 2538 count
【Gungrave】の前のコンテンツ
2004年
01月
02日
有能な野心家に娘をやる父親の複雑な心情を描いたドラマ!?
3days 0 count
total 3201 count

このコンテンツを書いたトーノZEROへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノZEROに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノZEROへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノZEROよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20040109221523
サイトの表紙【Gungrave】の表紙【Gungrave】のコンテンツ全リスト 【Gungrave】の入手全リスト 【Gungrave】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノZERO連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.