2006年07月17日
トーノZEROアニメ感想妖逆門total 2760 count

ここ掘れワンワン! 穴を掘って結界を突破する前代未聞の非常識主人公!?

Written By: トーノZERO連絡先

 トーノZERO, THE BELKANアニメ感想家(笑)のアニメ感想を参ります。

 今日の妖逆門の感想。

サブタイトル §

第16話 『京都、乙女ふたり』

あらすじ §

 清(さやか)と亜紀は、京都で子犬を拾います。亜紀は犬嫌いでした。

 京都に人払いの結界が張られますが、二人には効果がありません。

 それを理由に、キリンを探しに来たと称する目隠しの僧達から襲われます。彼らは、清(さやか)が何者かを知っていて、その上で彼女を襲います。

 三志郎は、二人がピンチと知り、地面に穴を掘って結界の中に入り込みます。そして、結界を作っていたあやかしを攻撃します。

 清(さやか)と亜紀は協力して僧達に反撃し、勝利します。

 しかし生き延びた一人の僧が、結界を作っていたあやかしの力により、あやかしに変身して襲いかかります。

 亜紀は、踏みつぶされそうになった子犬を助けるために、身体を投げ出します。子犬の正体はキリンであり、亜紀を助けると共に、自ら撃符となって亜紀のものになります。

 三志郎は結界を作っていたあやかしを倒します。

 その結果、復活するすべを失ったあやかしを、亜紀はキリンを使って勝利します。

感想 §

 今回の見所は、最も子犬を大切にした清(さやか)ではなく、ずっと犬は嫌いだと敬遠していた亜紀が、キリンの持ち主になってしまったことでしょう。

 ある意味で皮肉な結末ですね。

 清(さやか)はいつも損をしているような印象があります。

 もう1つ良かったのは、服を交換する清(さやか)と亜紀が、二人の新たな魅力を引き出したことです。やはり、着た切り雀は女の子としては好ましくありませんね。

今回の一言 §

 しかし、実は最大の見所は、穴を掘って結界を突破する前代未聞の非常識主人公でしょう。ちなみに、タイトルに書いた「ここ掘れワンワン!」というのは、犬が出てくることと、主人公が穴を掘ることから連想したフレーズで、犬が「ここ掘れワンワン!」と吠えるわけではありません。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想妖逆門
【妖逆門】の次のコンテンツ
2006年
07月
24日
ローアングルから顔だけ出しているフエは覗き放題? (って、何を?)
3days 0 count
total 3063 count
【妖逆門】の前のコンテンツ
2006年
07月
10日
格好良いロックンローラー、その名もロンドン! 弱点は音痴!?
3days 0 count
total 2942 count

このコンテンツを書いたトーノZEROへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノZEROに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノZEROへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノZEROよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20060717225008
サイトの表紙【妖逆門】の表紙【妖逆門】のコンテンツ全リスト 【妖逆門】の入手全リスト 【妖逆門】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノZERO連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.