2006年09月25日
トーノZEROアニメ感想妖逆門total 3711 count

事情は知らずとも、即座に一致協力して戦える真の仲間達!?

Written By: トーノZERO連絡先

名シーン(画像公開ポリシー)

あまりにもタイミング良く三志郎に助けに入る正人。諦めない強い意志を取り戻す三志郎を見て浮かべる微笑みの意味はいったい何か。元気を取り戻した三志郎への好感か、それとも意図通りに三志郎が戦う意志を取り戻した愉悦か。

 トーノZERO, THE BELKANアニメ感想家(笑)のアニメ感想を参ります。

 今日の妖逆門の感想。

サブタイトル §

第26話 『くらぎの闇』

あらすじ §

 クラギの中に取り込まれ、心の闇を支配された重馬は撃符を食らって回復し、圧倒的な強さを発揮します。

 クラギは、プレイヤー達を強引に集めてあやかしと戦わせ、撃符を奪っていきます。

 もう撃符がない三志郎は、ピンチに陥ります。

 そこに、正人が助けに入ります。

 更に、ロンドン達もクラギのあやかしを打ち破って三志郎の助けに入ります。

 ついにクラギを倒し、勝利します。

 幻影の中で、浄化された重馬とミツキの幸せそうな姿が見えます。

 プレイヤー達は、それぞれ再びゲームに引き戻されていきます。

 三志郎は、まだ生きていたクラギに取り込まれてしまいます。正人は撃符が発動せず助けられず、三志郎は助けようとしたフエごと取り込まれます。そこに、キミドリの赤い傘がやってきて、三志郎はそれに助けられます。

感想 §

 やはり、これは心のドラマですね。

 助けに来た正人が問題にしたのは、三志郎が強い撃符を持っているかではなく、戦う意志を捨てていないことでした。

 そして、全員で一致協力して……という話の流れなのですが、よく見ると必ずしもみんなの気持ちは一つというわけではありません。正人は明らかに隠された本音を持っていて、たまにちらっとそれを見せるし。他の仲間も、三志郎の心を正しく理解して協力したという感じではありません。

 しかし、相手の気持ちを理解していなくても、仲間がピンチなら協力して綺麗な連携を見せる……という話であれば、確かに彼らは相互に信頼し合った素晴らしい仲間達だと言えますね。

 実は事情を正しく理解して協力する仲間よりも、事情を知らずとも協力できる仲間の方が良い仲間と言えます。それは、本物の信頼です。

今回の一言 §

 EDに再びキミドリ登場。うーん、不思議な女の子ですね。

Facebook

キーワード【 トーノZEROアニメ感想妖逆門
【妖逆門】の次のコンテンツ
2006年
10月
02日
これは参った! 新OPと新EDは趣味にジャストミートする大傑作だ!!
3days 0 count
total 3281 count
【妖逆門】の前のコンテンツ
2006年
09月
18日
ゲームバトルは本質ではない? まさに心の問題を描く傑作!?
3days 0 count
total 3489 count

このコンテンツを書いたトーノZEROへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、トーノZEROに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にトーノZEROへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にトーノZEROよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20060925225914
サイトの表紙【妖逆門】の表紙【妖逆門】のコンテンツ全リスト 【妖逆門】の入手全リスト 【妖逆門】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: トーノZERO連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.