2007年05月12日
川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡りtotal 5203 count

新宿御苑・温室・旧洋館御休所

Written By: 川俣 晶連絡先

 今日は、短い時間でちらっと新宿御苑の温室と旧洋館御休所に行ってきました。

 なぜ新宿御苑なのかというと、一度はきちんと行っておきたいと前々から思っていたのに加え、温室が立て替えのために2007年5月14日から臨時閉館に入ると知ったからです。新しい温室は何と4年後でなければ開館しません。そのようなわけで、見るなら今見るしか機会がないわけです。

旧洋館御休所 §

 都営新宿線の新宿三丁目駅で降り、新宿門から入って温室を目指していると、素晴らしい建物が目に入って立ち寄りました。西洋風木造建築の旧洋館御休所です。何と、中にも入れてくれます。皇族が使った風呂やトイレまで見られます。

 しかも、入場無料。新宿御苑本体の入場料だけで見られます。

 とはいえ、いつでも開いている訳ではありません。

 「定期公開日:毎月第2・4土曜日」だそうで、偶然にもその日に前を通りかかった幸運に感謝!

温室 §

 常識を絶する形状、サイズ、匂いのする植物のオンパレード。

 これは面白すぎます。しかも、新宿御苑の入場料だけで見られます。

 日常的に知っている常識的な植物のイメージからかけ離れた植物を見るのは、ある意味でバージェスモンスターを見るのに近い感覚です。しかし、これはいままさに現在進行形で生きています。

 しかも、絶滅危惧植物も並べて展示してありました。もはや、自然には生育していない植物が、手を伸ばせば容易に触れられる近さで、目の前の鉢に平然と植えられているのはかなり衝撃的です。

 ちなみに、匂いといえば、カレーの匂いがする植物というのはかなり驚きですね。まさに、そのような匂いがしました。

なぜ4年も掛かるのか §

 単に建物を建てるだけではなく、植物の根を切って活発化させ、移動の準備をしてから移す手間が必要とされるようです。きちんと安定的に植物たちを移動させるために、それだけの時間を要するようですね。

しかし、新宿御苑の大半は歩かず §

 あくまで今日の目当ては温室だったので、新宿御苑の大半は歩いていません。

 そのうちに、千駄ヶ谷門まで歩いてみたいと思っています。

旧洋館御休所旧洋館御休所 [300x240] [600x480] [750x600] [1000x800] [1280x1024]

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側歴史と文化歴史資料館巡り
【歴史資料館巡り】の次のコンテンツ
2007年
05月
20日
旧多摩聖蹟記念館・五賢堂 (桜ヶ丘公園)
3days 0 count
total 9319 count
【歴史資料館巡り】の前のコンテンツ
2007年
05月
03日
一葉記念館
3days 0 count
total 3720 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20070512152024
サイトの表紙【歴史資料館巡り】の表紙【歴史資料館巡り】のコンテンツ全リスト 【歴史資料館巡り】の入手全リスト 【歴史資料館巡り】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.