2011年04月26日
トーノZERO映画感想total 8440 count

感想・映画「GANTZ PERFECT ANSWER」【ネタバレ注意】

Written By: カワマタアキラ連絡先

「とゆーわけで、いい加減ストレスと疲労が溜まってぶち切れて映画を見てみた」

「何を見たんだい?」

「実はクレヨンしんちゃんがいたく気に入ったのでもう1回見てもいいと思ったけれど、それも世界が狭いと思って他に何を上映しているかと見たらGANTZやってた。前回の映画は好感を持ったので、ぜひ続編も見たいと思った」

「それでアニメでも洋画でも無いGANTZなんだね」

感想 §

「面白かったかい?」

「予想よりも面白かったぞ」

「前作を見てないと分からない映画なのかい?」

「そうでもない。映画をちゃんと分かってる人が作ってるね。パート1とパート2と呼称される場合もあるようだが、実際は独立した2本の映画だ。連続した出来事を扱っているが、ストーリーもテーマも別物だ」

「そうか」

「いちばん良いのは、終わりがあることだな。前作も今作も。けして、いくらでも人気があれば続きを作りますよ、という構成では無いことだ。同じ話を繰り返せない構成になっている」

「それが、きちんと終わっているということだね」

川井憲次 §

「川井憲次の新作音楽に浸れたのもナイスだ」

「そこはポイント高いね」

「川井憲次音楽が好きな人だけな」

星人の問題 §

「今回の映画は星人が人間そっくりである」

「前回の映画の田中星人とかネギ星人みたいな、いかにも変な格好じゃ無いということだね」

「だから、そこで異様なイメージは弱体化しているともいえる」

「そうか」

「でもさ。殺陣の切れが凄くいいんだ。3人以上のね」

「えっ?」

「変なかぶり物で勢いを殺しても面白くないし、ましてモーションキャプチャでCGキャラを動かせるようなものでもないだろう」

「ってことは?」

「人間そっくりの星人の方が良いって事だろう」

「そうか」

「あとラストの玉の部屋でやる銃撃戦も人間の顔の方が良かった。人間の顔で殺し合うからあそこは意味がある」

松井さん問題 §

「もう面倒だから『松井さん』って呼ぶぞ」

「なんだよそれは」

「重田正光というらしいがめんどくさいので、『松井さん』でいいよ」

「おいおい」

「で、この松井さんが良いのだな」

「どうして?」

「彼のおかげで、話が分かりやすくなっている。前作を見ていない人も彼の視点から映画に入っていける」

「そうか」

「で、松井さんの正体も謎で、途中で明らかになってくる。そこも見所」

「うん」

「でも、いちばんいいのはさ。彼は覚えているんよ。この顛末を。GANTZが生き返らせた者達は覚えていないのに。重傷で生き延びた彼は死んでないから」

愛する者を救うために §

「主人公は結局、愛する者を救うために身体をなげうつわけだ」

「よくあるパターンだね」

「でも、ヒロインの方は覚えていないんだよ。GANTZに復活させられたとき、記憶が失われている」

「えっ?」

「だから無私の愛なんだよ。そこがポイント高いな」

反逆 §

「主人公は一時GANTZに反逆してしまう」

「それで?」

「壮絶な味方同士の戦い」

「そういうのが好きなんだね」

「そうさ。きれい事で割り切れない世界こそが本物なんだ」

「割り切れないの?」

「そうさ。一貫して、星人側の主張は『先に手を出したのはそっちだ』ということで、戦いの原因はGANTZ側にあることにされてしまう」

ヒロイン問題 §

「けっこう意外だったのは、前作のヒロインの出番がほとんど無いことだね。前作のサブヒロインがヒロインに位置してしまう」

「それが、世界もストーリーも続いているけれど違う映画ってことなんだね」

ロケ地の問題 §

「ロケ地は、どこにでもありそうな無個性な場所を選んで使っているような気もする」

「そうか」

「だから、ここはあそこだとは言えない」

「なるほど」

「でもさ。マンションの上は良かった。通風口はあるけど、明瞭な屋上は無い建物。普通は入れない場所の異様さが出ていた」

「そうか」

「あと、ラブラブ話をしている坂道。横に鉄道があって背景に鉄塔。どこだか知らないけど、いい場所だ」

TWRの問題 §

「地下鉄はTWRだ。TWRはほとんど地下線だ。でも、厳密に言うと地下鉄になるのかは疑問大」

「悩ましいね」

「でも電車車内のアクションは良かったぞ」

「中だけ?」

「1回電車から出て走って飛び乗るのも凄かった」

復活の問題 §

「主人公は加藤も前作のヒロインも蘇らさせなかった。ここは面白い」

「他のおっさんも、自分の要望よりも加藤復活を優先させちゃうしね」

「100点メニューの1番を誰も選んでいないのが面白いところだ」

二宮和也の問題 §

「いい顔になってきたと思うよ。映画のテーマを受け止められる顔だ」

「そこは重要なポイントらしいね」

「それが主演ってことだ。スターってことだ」

予算の問題 §

「予算は潤沢に使ってると思った」

「さすが人気作の続編だね」

Facebook

キーワード【 トーノZERO映画感想
【映画感想】の次のコンテンツ
2011年
05月
01日
感想・映画「豆富小僧」
3days 0 count
total 4451 count
【映画感想】の前のコンテンツ
2011年
04月
20日
映画館の3Dメガネの憂鬱問題
3days 0 count
total 4105 count

このコンテンツを書いたカワマタアキラへメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、カワマタアキラに対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実にカワマタアキラへメッセージを伝達するものではなく、また、確実にカワマタアキラよりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

https://mag.autumn.org/tb.aspx/20110426142943
サイトの表紙【映画感想】の表紙【映画感想】のコンテンツ全リスト 【映画感想】の入手全リスト 【映画感想】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: カワマタアキラ連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.