2004年01月10日
川俣晶の縁側辛口甘口雑記total 3907 count

辛口甘口食記「吉野家のカレー丼は甘いか辛いか?」

Written By: 川俣 晶連絡先

 人体の不思議展に行った後、そのまま有楽町の駅に吉野家があったのを思い出して、話題のカレー丼があるだろうかと行ってみました。

 近所の下高井戸駅の吉野家では販売していなかったので、もしや有楽町のような繁華街なら、と思ってみたわけです。

 すると、確かにありました。

 このカレー丼というのは、BSE(牛海綿状脳症)問題による米国産牛肉の輸入禁止に対応する代替メニューとして吉野家が提供を始めたものです。牛肉在庫を先延ばしするために、一部店舗から提供を開始したようです。

 さて、これを試食した話題は、既に[TBN]-過去ログ 2004/1月 ([本日のカレー丼]の箇所)で読んでいました。ここでは、甘すぎるという評価になっていたので、実際甘いかどうか確かめてみたかったのです。まあ、美味ければ十分に外で食事をする際の候補になるし、松屋の「この値段にしてはけっこういける」チキンカレーなどと比較してどうかということも気になります。

 さて、これを昼飯として食べてみました。

 食べてみると、甘いという印象ではありませんでした。普通のカレー屋の中辛クラスないし、それより少しだけ甘めという感じでしょうか。辛さがない、ということはありませんでした。十分に辛みの存在は感じられます。

 このことが、上記サイトの著者と私の味覚の相違であるのか、はたまた、吉野家が味を変えてきたのか、具体的なところは分かりません。

 しかし、甘くはなかった、ということで結論にしたいと思います。

 やっと甘口辛口雑記らしい甘さと辛さに関するコンテンツが書けました (笑)

カレー丼はカレーライスではない §

 ちなみにこのメニューは、あくまでカレー丼であって、カレーライスではない感じですね。カレー丼はカレーライスではない!というのは、ミスター味っ子で学習しましたので一応区別は付きました。しかし、東日本の人間の多くは、区別が付いていない可能性も大きいような気がします。

Facebook

トラックバック一覧

2004年01月30日辛口甘口食記「松屋の豚めしは甘いか辛いか?」 (「唐揚げ飯」編付き)From: 冒険! オータム マガジン

ふと、外で何かを食べようと思ったときに、松屋が目に付きました。 まあ、貧乏だし、牛めしでもと思って入り口を見ると。 そこに、見慣れない「豚めし」なるメニューのポスターが張り出されているではありません 続きを読む

キーワード【 川俣晶の縁側辛口甘口雑記
【辛口甘口雑記】の次のコンテンツ
2004年
01月
15日
そのソフト、ノートパソコンでも使いたいんだけど、ライセンス的にどうなのよ! (adobe編)
3days 0 count
total 2990 count
【辛口甘口雑記】の前のコンテンツ
2004年
01月
07日
ASAHIネット、パスワード小文字入力の恐怖
3days 0 count
total 4946 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040110133232
サイトの表紙【辛口甘口雑記】の表紙【辛口甘口雑記】のコンテンツ全リスト 【辛口甘口雑記】の入手全リスト 【辛口甘口雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.