2004年02月25日
川俣晶の縁側辛口甘口雑記total 22937 count

自衛隊で割腹自殺した右翼作家、三島由紀夫がこともあろうにアメリカの文化の象徴的なディズニーランドに執着していた、という意外性?

Written By: 川俣 晶連絡先

 これを書いている今、午前2時で、眠くて朦朧としています。しかし、あまりに意外で面白かったのでメモっておきます。

 サブカルチャー文学論(入手編)という本を読んでいましたが、実に面白い記述に出くわしました。

 作家の三島由紀夫という人がいました。有名な人で名前は知っていますが、私から見れば時代的に過去の人です。世の中を自覚的に見始めたときには、既に死んでいた人ですから。

 そのイメージはというと、自衛隊で割腹自殺した右翼、というようなものでした。

 しかし、この本では、この三島由紀夫が、アメリカ旅行の際、ディズニーランドに立ち寄って、これにいたく感心しているらしいのです。

 ディズニーランドといえば、堕落したアメリカ帝国主義文化侵略の象徴。当然、右翼なら諸手を挙げて喜んだりはしない性質のものだと思います。本当にそうかどうか分かりませんが、そんなイメージがあります。

 しかし、三島由紀夫は「ここの色彩も衣装も、いささかの見物的な侘びしさを持たず、いい趣味の商業美術の平均的気品に充ち、どんな感受性にも素直に受け入れられるやうにできてゐる」というように、肯定的に受け止めてしまうようですね。

 更に面白いことは、「どんな感受性にも素直に受け入れられる」という表現をしていることです。これは、マスマーケットに対する表現を考える上で重要な価値観を書いているように見えます。典型的な右翼であれば、こういう表現は取らないように思います。おそらく、「どんな感受性」も無く、感受性は1つの正しいあるべきものに統一されねばならないと思います。まあ、これも私のイメージであって、本当にそうかどうかは知りませんが。

 つまり、三島由紀夫という文学者についてのイメージを塗り替えるような新鮮な驚きを感じさせてくれたわけです。

 これは、以前、斎藤環氏が石原慎太郎氏と対談した雑誌記事を読んだときと同じような驚きです。このときは、石原慎太郎という人物が単なる世間からずれた右翼オヤジではないことが分かって面白いと思いました。それと同じように、三島由紀夫もイメージ通りではないということのようですね。

 たぶん、二人とも、どんな世間の思想的グループに属するものでもなく、独自のオリジナルな思想の持ち主なのでしょう。それゆえに、右翼的な言動が見られても、本物の右翼と相容れるものではないのでしょう。たぶん。しかし、世間は相容れるかのように見る視線を作ってしまったと。そんなことかもしれません。

 さて、こういう事例を見ると、文学者というのは面白いと思います。

 こういう感覚は、田端文士村記念館に行ったり世田谷文学館に行ったりすることでも感じたことですが、ことさら喜んで日本文学を読みたいとは思わないものの、文学者の生き様にはいろいろと興味を引かれるところがあります。

Facebook

トラックバック一覧

2004年02月27日サブカルチャー文学論 大塚英志 朝日新聞社From: 冒険! オータム マガジン

最初に結論を書きます。 実に面白い本でした。途中、読んだこともない本について長々と論じられているにもかかわらず、面白さが減じることはなく、最後まで一気に読み通すことができました。 感想を要約するなら 続きを読む

キーワード【 川俣晶の縁側辛口甘口雑記
【辛口甘口雑記】の次のコンテンツ
2004年
03月
05日
コンピュータの応用はまだまだ黎明期という言葉は、技術に満腹した人達の耳には届かない?
3days 0 count
total 2959 count
【辛口甘口雑記】の前のコンテンツ
2004年
02月
24日
ピーデー公式サイトのトップ画像を更新・その隠された真実とは?
3days 0 count
total 2803 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
01月
30日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
サブカルチャー文学論 大塚英志 朝日新聞社
3days 0 count
total 4738 count
2004年
02月
27日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
サブカルチャー文学論 大塚英志 朝日新聞社
3days 0 count
total 4076 count
2004年
10月
01日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
Comic新現実 vol.1―大塚英志プロデュース 角川書店
3days 0 count
total 3655 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040225013414
サイトの表紙【辛口甘口雑記】の表紙【辛口甘口雑記】のコンテンツ全リスト 【辛口甘口雑記】の入手全リスト 【辛口甘口雑記】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.