2004年12月13日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 3256 count

ユリイカ 12月号 特集 宮崎駿とスタジオジブリ 「天空の城ラピュタ」から「ハウルの動く城」まで

Written By: 川俣 晶連絡先

 全ての記事を読んではいません。

 主に、特集を読みました。

 しかし、いろいろな意見の持ち主が書いていますね。

 その中で、特に印象深いのは、私が現在の最重要の思想書として扱っている「文脈病」を引用してきた記事があったり、その著者の斉藤環氏が「ラカン派」を自称する元となるラカンそしてジジェクの名前が出てくる記事もあることです。

 「文脈病」を引用してきた記事は、ちょっと突っ込みの甘さを感じますが、ラカン、ジジェクの名前を出してきた方の記事は「分からないがきちんと前向きに意味を把握したい」という気持ちになりました。

的確な視線の存在 §

 ハウルの動く城という映画に対する的確な視線の存在を教えてくれたことも、本書の価値だと思います。

 たとえば、こういうところです。

小谷真理さんの記事 70pより (ハウル映画版に関して)

 そう考えていくと、ソフィーに掛けられた呪いがなぜ消えてしまったのか、いかにそれがロジカルにヴィジュアル化されていたのかが、理解されるだろう。このアニメ版は、原作への誠実な熟読によって成立している。

 これは、「ハウル」に対する「宮崎アニメの集大成」であるとか、「矛盾だらけ」という意見に全く逆行するものと言えます。実際、「ハウル」は驚くほど原作に忠実な面を持っていると同時に、作品内の論理に対して極めて忠実に展開するドラマであると感じます。前者は、要するにいかに作品に対して距離を取って誠実に見るかの問題と言えます。距離を取らず、過去の宮崎作品の連想に身を委ねれば、連想によって頭が満たされて、過去の作品との差異を意識する余裕が消失する恐れがあります。しかし後者は、ただ見るだけでは解決できない側面があります。というのは、原作が持つ、「主人公ソフィーが見ているものしか描写されない」という特徴が映画「ハウル」にも忠実に受け継がれているためです。それどころか、原作にあるいくつかの明示的な言葉による説明が映画にはないために、言葉によって理解しようとする試みは自動的に失敗します。(アニメーションは絵の動きであるということから行けば、言葉で説明しようとしないのはアニメーション的誠実さであると考えることができます)

誰のための映画か §

 大塚ギチ氏が以下のように書いています。

p99 大塚ギチ

(イノセンス、スチームボーイ、ハウルの動く城に関して)

そこがずれた場合は最悪、送り手の気分だけが一方的に投げつけられるだけの作品に映ってしまう

 これはオタクが受け手だという前提に立って書かれた文章ですが、仮に受け手をオタクだと仮定すると、「一方的に投げつけられるだけ」という印象は正しいでしょう。

 しかし、スチームボーイは見ていないので分かりませんが、他の2作に関しては、そもそもオタクを受け手だとは思っていないと思われます。彼らが想定する受け手はもっと別の人種であり、それらの人種に対する極めて誠実でコミュニカティブな態度が見られると思います。

 この世界には、オタクとそもそも存在するかどうかも定かではない曖昧な一般人しかいない、という旧世代の発想が極めて物足りないと感じます。

プロデューサの正体 §

 氷川竜介さんの「プロデューサの正体」という記事は凄く良かったですね。

 取り上げられにくいプロデューサというものに焦点を当てたのは極めて価値ある態度だと思います。しかも内容も面白いです。

「千と千尋」はソープランドの映画か §

 「千と千尋」はソープランドの映画だと発言するためだけに存在しているかのように存在している記事。これは品が無く、全く不用です。それに、この映画の中に風俗的な匂いをかぎ取ったとしても、ただソープランドという言葉で規定してしまえば、そこに収まりきらない多くのニュアンスがこぼれおちてしまいます。この問題を論じるには、もっと別の適切な語彙体系があるはずです。

以下略 §

 他にも、あまりに「なぜ?」という変な文章が見られ、突っ込む価値があるものもありますが、時間が無いので以下略です。

 ただ、明らかで変であったり、間違っていたりする記事を排斥せよ、という意図はないことは付け加えておきます。何が正しいのか確実なことは誰にも分からないし、たとえ結論が間違っていても、そこから何かを触発されることもあり得るでしょう。

 でも、品がない記事は止めるべきだと思います。(品がないとはどういうことか、というテーマだけで下手をすると本1冊分ぐらいの文章になりかねませんが)

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2004年
12月
20日
comic新現実 Vol.2 角川書店 (感想その1「コミック版ナウシカは未来を見失ったか?」)
3days 0 count
total 2186 count
【感想編】の前のコンテンツ
2004年
12月
11日
マンガを解剖する 布施英利 筑摩書房
3days 0 count
total 2058 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
05月
03日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社
3days 0 count
total 3791 count
2004年
05月
04日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その1「キャラクターと文脈性」)
3days 0 count
total 3681 count
2004年
05月
09日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その3「女性化という自己治療とその失敗」)
3days 0 count
total 2868 count
2004年
05月
16日
川俣晶の縁側無意味監獄
インターネット知の欠陥というアイデアに関するメモ Version2
3days 0 count
total 4429 count
2004年
05月
18日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その4「APシステムにおける自己」)
3days 0 count
total 2165 count
2004年
06月
22日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その5「インターネット上の論客が致命的に物足りない理由」)
3days 0 count
total 5679 count
2004年
06月
22日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その6「トンデモ本発生の原理」)
3days 0 count
total 3576 count
2004年
12月
08日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
ユリイカ 12月号 特集 宮崎駿とスタジオジブリ 「天空の城ラピュタ」から「ハウルの動く城」まで
3days 0 count
total 2321 count
2004年
12月
13日
トーノZEROアニメ感想ハウルの動く城
参照情報: 感想文「ユリイカ 12月号 特集 宮崎駿とスタジオジブリ 「天空の城ラピュタ」から「ハウルの動く城」まで」
3days 0 count
total 2593 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20041213121942
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.