2004年05月18日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編total 2169 count

文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その4「APシステムにおける自己」)

Written By: 川俣 晶連絡先

 時間がないことと、最後の方は文章に歯ごたえがありすぎるために、理解にはほど遠いレベルに過ぎなくても読むのに時間が掛かっていますが。

 以下の箇所が非常にエキサイティングに思えたので、引用しておきます。

p352より

 AP理論における「自己」とは、システム論第二世代までにおける「自己」とはまったく異質のものだ。第二世代までの「自己」は、外部の観察者の視点から、その領域を明瞭に見定めることができた。しかし、AP理論においては、「自己」の領域を定義するものは究極的には「自己」しかない。生物の個体までは「自己=身体システム」を自明のごとく前提にできるだろう。しかしひとたぶ「人間の自己=心的システム」に応用を試みるなら、「自己は自明である」と強引に仮定することでしか、APの前提が成立しない。したがってここでは、「自己」の定義は同語反復に陥るかのように見える。

 しかしおそらく、この点にこそAPの「可能性の中心」があるのだ。自己についてのいかなり起源も実体的な根拠も示し得ないAPだが、ひとたび作動を開始した「自己」については、まったく新しい「記述」を可能とするだろう。APシステムはその動作において、いかなり実体的な根拠も必要としない。その点こそが、心的システムをAPのモデルとして記述することの正当性を根拠づける。

 起源も実体的な根拠も示し得ないものが、作動しているものについて、何かを示し得るというのは、かなり面白いところです。実際、世の中には「起源も実体的な根拠も示し得ないもの」がゴロゴロしているわけで、そういう状態を前提とした上で対処しうるものがある、というのは実に面白いです。

 ちなみに、私自身、読者として、書かれた言葉の意味を正しく理解するだけの資質には欠けていますが、面白がることだけは出来ます。

余談: もう1つの感想 §

 これも、本書の感想のうち、と見なすことができるかもしれません。

インターネット知の欠陥というアイデアに関するメモ Version2

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
【感想編】の次のコンテンツ
2004年
05月
26日
モデルグラフィクス 7月号 大日本絵画
3days 0 count
total 1682 count
【感想編】の前のコンテンツ
2004年
05月
09日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その3「女性化という自己治療とその失敗」)
3days 0 count
total 2870 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
05月
03日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社
3days 0 count
total 3795 count
2004年
05月
04日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その1「キャラクターと文脈性」)
3days 0 count
total 3683 count
2004年
05月
09日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その3「女性化という自己治療とその失敗」)
3days 0 count
total 2870 count
2004年
05月
16日
川俣晶の縁側無意味監獄
インターネット知の欠陥というアイデアに関するメモ Version2
3days 0 count
total 4434 count
2004年
06月
22日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その5「インターネット上の論客が致命的に物足りない理由」)
3days 0 count
total 5681 count
2004年
06月
22日
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その6「トンデモ本発生の原理」)
3days 0 count
total 3582 count
2004年
12月
13日
ユリイカ 12月号 特集 宮崎駿とスタジオジブリ 「天空の城ラピュタ」から「ハウルの動く城」まで
3days 0 count
total 3257 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040518122235
サイトの表紙【感想編】の表紙【感想編】のコンテンツ全リスト 【感想編】の入手全リスト 【感想編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.