2004年05月03日
川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編total 3808 count

文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社

Written By: 川俣 晶連絡先

 生き延びるためのラカン 第17回 ピロメオの輪の結び方というページをたまたま読んでいるときに、はたと思う文章に出会いました。

 以下の部分です。

実は僕も、こういうぎりぎりの状況で作品を作っている作家につよい興味がある。とりわけ統合失調症、つまりかつての精神分裂病に親和性のあるタイプの作家たちが大好きだ。画家で言えばフランシス・ベーコン、映画監督ならデヴィッド・リンチ、漫画家なら吉田戦車かな。

(中略)

にもかかわらず、彼らの作品には、まさに「何かそれ自体」としか言いようのないインパクトがある。

(中略)

この手続きがなされていないから、おそろしくインパクトのあるイメージが、彼らの作品にはしょっちゅう出現するわけだ。だからその印象を言語化したり、あるいはシンボリックに意味を解釈したりすることは難しい。彼らの作品については、『文脈病』(青土社)でもっとつっこんだ分析をしているから、関心のある人はそちらもどうぞ。

 「おそろしくインパクトのあるイメージ」でありながら、極めて「印象を言語化」しにくいという言葉で、ボボボーボボーボボというアニメを連想しました。このアニメは、いったい何がどうなっているのかさっぱり分からないのですが、なぜか魅力があって見せられてしまいます。

 それがいったいどういうことなのか、もしかしたら、ここで述べていることが関係あるかも知れないと思い、ここで紹介された「文脈病」という本を即座にアマゾンでオーダーしてしまいました。そのようなわけで、これを書いている時点では、まだ手元にありません。

 しかし、お金も無いのになぁ。財政が厳しいなぁ。それでも本を買ってしまうのは、いかに愚かであることか。

感想編はこちら:

感想その1「キャラクターと文脈性」

感想その2「バロウズとノヴァ急報」

感想その3「女性化という自己治療とその失敗」

感想その4「APシステムにおける自己」

感想その5「インターネット上の論客が致命的に物足りない理由」

感想その6「トンデモ本発生の原理」

Facebook

キーワード【 川俣晶の縁側過去形 本の虫入手編
【入手編】の次のコンテンツ
2004年
05月
25日
新橋駅の考古学 福田敏一 雄山閣
3days 0 count
total 2593 count
【入手編】の前のコンテンツ
2004年
05月
01日
信長新記 1 本能寺炎上 佐藤大輔 徳間文庫
3days 0 count
total 2917 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2004年
05月
04日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その1「キャラクターと文脈性」)
3days 0 count
total 3692 count
2004年
05月
09日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その3「女性化という自己治療とその失敗」)
3days 0 count
total 2883 count
2004年
05月
16日
川俣晶の縁側無意味監獄
インターネット知の欠陥というアイデアに関するメモ Version2
3days 0 count
total 4451 count
2004年
05月
18日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その4「APシステムにおける自己」)
3days 0 count
total 2181 count
2004年
06月
22日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その5「インターネット上の論客が致命的に物足りない理由」)
3days 0 count
total 5697 count
2004年
06月
22日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
文脈病―ラカン・ベイトソン・マトゥラーナ 斎藤環 青土社 (感想その6「トンデモ本発生の原理」)
3days 0 count
total 3596 count
2004年
12月
13日
川俣晶の縁側過去形 本の虫感想編
ユリイカ 12月号 特集 宮崎駿とスタジオジブリ 「天空の城ラピュタ」から「ハウルの動く城」まで
3days 0 count
total 3265 count

このコンテンツを書いた川俣 晶へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、川俣 晶に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に川俣 晶へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に川俣 晶よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20040503105518
サイトの表紙【入手編】の表紙【入手編】のコンテンツ全リスト 【入手編】の入手全リスト 【入手編】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 川俣 晶連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.34 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2018 Pie Dey.Co.,Ltd.