学校探偵・内山田教諭とスクールファイブ
Amazon.co.jp


小説・火星の地底世界バルシダー
Amazon.co.jp


火星の地底世界の古代王国【合本】
Amazon.co.jp


宇宙重巡洋艦高尾始末記: 辺境艦隊シリーズ合本
Amazon.co.jp


全艦出撃! 大宇宙の守護者: オルランド・スペース・シリーズ合本
Amazon.co.jp


青春小説 北区赤羽私立赤バニ学園: 制服はバニーガール女装
Amazon.co.jp


坂本龍馬対ゾンビ: Japanese Dawn of the Dead
Amazon.co.jp


彼の味方は動物達と月の姫
Amazon.co.jp


小説・宇宙機動遊撃艦隊: ラト姫物語・セラ姫物語合本
Amazon.co.jp


本土決戦1950: 無敵! 日本陸軍ジェット戦闘隊
Amazon.co.jp


魔女と勇者の秘密: 遠野秋彦ファンタジー小説合本
Amazon.co.jp


無敵合体ロボ軍団 ~遠野秋彦ロボット小説合本~
Amazon.co.jp

2005年05月12日
遠野秋彦の庵小説の洞total 3001 count

メイドのプリンセス メイディー・メイ 第9話『私を選んで! 仕事や芸をアピールする新人メイド達』

Written By: 遠野秋彦連絡先

 君は知っているか。

 美しく可愛く献身的な少女達からなるメイド達。

 そして彼女らのご主人様となるオターク族。

 その2種類の住人しか存在しない夢の中の世界を。

 ある者は、桃源郷と呼び。

 またある者は、狡猾なる悪魔の誘惑に満ちた監獄と呼ぶ。

 それは、どこにも存在しないナルランド。

 住人達がボックスマン・スーフィーアと呼ぶ世界。

 そして、悪魔と取引したたった一人の男によって生み出された世界。

前回のあらすじ §

 いよいよ、メイがご主人様に指名される時が来た。メイは願った通り、白きプリンスやレッド・ダンディのメイドになれるのだろうか?

 それとも、無気味なボックスマン、鉄鎖のメイドになって単なる労働力としてこきつかわれるのだろうか?

 全てはアピールタイムで何をアピールできるかに掛かっているのだ!

 第8話より続く...

第9話『私を選んで! 仕事や芸をアピールする新人メイド達』 §

 ご主人様、私を選んで!

 その気持ちを一人ずつぶつけるためのアピールタイムは、それまでの時間と比べれば遥かに楽であった。

 ステージ上で何をするかは、誰もがみっちり練習済みであったし、その間、ご主人様達は見ているだけである。たまに質問が飛ぶ場合もあるが、それはたまたま質問を受けた運の悪い少数のメイドだけの問題であった。

 メイド達は、それぞれ、様々な工夫をこらして、自分をアピールした。

 そのアピールの方向性は大きく分けて3つあった。

 1つ目は、もちろんメイドとしての仕事にいかに優れているかを示すこと。その場で綺麗にほうきを使ってみたり、優雅に給仕する姿勢を見せたりする。

 2つ目は、メイドの仕事よりも、ご主人様のお気に入りのメイドになることを重視し、歌や踊り、芸事などをアピールするタイプだった。もちろん、歌や踊りはメイドの本分ではないと言われていたが、何人ものメイド達が並んでいる中で選ばれるためには、この種の付加価値は有効であるとも言われていた。いかに、メイドの仕事がうまくこなせようと、選ばれなかったメイドはそれを活かす場面がないのである。

 最後の3つ目は、仕事も芸もなく、ただ可愛さによってアピールしようとするタイプであった。これは、あまりにハイリスクの賭けと言えた。よほど自分に自信があるか、あるいは仕事も芸もものにならなかったメイドが、最後の賭で取り組むやり方であった。

 ステージの脇で順番を待ちながら、メイはそういったメイド達のアピールを見ていた。それらは、おおむね、メイの予測の範囲内にあった。

 しかし、予想が外れたのは、それらを見ているご主人様のリアクションだった。

 メイは、何となく、仕事をアピールするタイプが最もご主人様に好まれ、それに次いで芸事タイプ。最後に可愛さタイプだろうと思っていた。もちろん、メイドが単なる労働力であると思ってのことではない。メイドは、メイドの仕事を通じてご主人様に愛されるのが、メイドのあるべき姿だと考えていたからだ。

 だが、現実は違った。最もご主人様が喜ぶのは、可愛さタイプであり、次いで芸事タイプ。仕事をアピールするタイプは、最もリアクションが低調だった。

 それに気付いてメイは焦った。

 メイも、仕事をアピールする予定だったからだ。

 メイは思った。

 芸を見せようか。

 メイも、歌や踊りはみっちりと仕込まれている。特に得意というわけではないが、中の上か、上の下ぐらいには達しているはずだった。それは、芸事を見せる他のメイド達に遜色ないレベルであるはずだった。

 あるいは、可愛さでアピールしてみようか。この古いメイド服で可愛さを印象づけるのは難しいような気がしたが、もしも鉄鎖の言うとおりこれが特別なメイド服であるなら、メイド服でメイが選ばれる可能性がある。

 いや、それは駄目だ。メイではなくこのメイド服が選ばれたのでは、わざわざここにメイが出てきた意味がない。これは、あくまでメイが選ばれるためのステージなのだ。

 メイの肩にそっと手が置かれた。

 はっと見上げると、横にティーが立っていた。

 「大丈夫。予定通りになさい」とティーは小声で言った。どうやら、ティーにはメイの混乱はお見通しだったらしい。

 「でも……」とメイは反論しようとした。

 「よく見なさい。白きプリンスとレッド・ダンディは、メイドとしての仕事ぶりに注目しています」とティーはメイの耳にだけ届くような小さな声で言った。「あの二人は、仕事ぶりに納得したメイドしか指名しないタイプです……」

 「なぜですか? メイドが労働力だからですか?」

 「いいえ、それが彼らのロマンだからです。働く可憐なメイド達との間で持つ甘いロマンスが望みなのです。ただ可愛いだけのメイドでは、彼らの微妙なロマンは満たせません……」

 ハッとメイはティーの顔を見つめた。

 まさか、ティーは始めからこれを全て予測していたというのか。

 この古いメイド服を着せたのも、地方のこの出会いセンターを選定したのも、アピールタイムに仕事ぶりを見せるように決めたのも、全ては白きプリンスやレッド・ダンディにメイを選ばせるためだというのだろうか。

 「さあ、自信を持ってお行きなさい」とティーはうながした。

 いつの間にか、ステージの上から人影は消えていた。既にメイの出番が回っていたのだ。

 あまりに唐突で、メイの頭は真っ白になった。

 それでも体は最初の一歩を踏み出した。

 スポットライトがメイを眩しく照らし出した。そのせいで、目の前に並んでいるはずのご主人様がよく見えなかった。

 喉はカラカラで声も出なかった。

 最初に何をするのか、手順も頭から消し飛んでいた。

 心のどこかで、アピールしなければ、と叫んだ。

 しかし、何をして良いのかが、全く分からなかった。

 焦る心だけが空回りした。

続く.... §

 やっと訪れたアピールタイム。

 ご主人様に気に入られるために、仕事ぶりをアピールしなければならないのに、メイの頭は緊張で真っ白になっていた。

 はたして、メイは意中の白きプリンスやレッド・ダンディに指名してもらえるのか!

 次回に続く!

(遠野秋彦・作 ©2005 TOHNO, Akihiko)

★★ 遠野秋彦の長編小説はここで買えます。

Facebook

遠野秋彦

キーワード【 遠野秋彦の庵小説の洞
【小説の洞】の次のコンテンツ
2005年
05月
17日
プロペラパンツ
3days 0 count
total 2894 count
【小説の洞】の前のコンテンツ
2005年
04月
28日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第8話『単なる労働力扱いされて狼狽する初々しいメイド達』
3days 0 count
total 3009 count

このサイト内の関連コンテンツ リスト

2005年
01月
20日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第1話『はじめてのメイド服』
3days 0 count
total 4445 count
2005年
02月
03日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第2話『待ち望む! 初めてのご主人様!!』
3days 0 count
total 3213 count
2005年
02月
17日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第3話『君よ、萌えとなりたまえ!』
3days 0 count
total 2925 count
2005年
03月
03日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第4話『初々しいメイド達と頭に箱をかぶった怪物』
3days 0 count
total 3285 count
2005年
03月
17日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第5話『悲鳴を上げる新人メイド達と悪趣味なご主人様達』
3days 0 count
total 2829 count
2005年
03月
31日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第6話『ご主人様達からの熱い視線、そして新人メイド達の冷たい視線』
3days 0 count
total 3097 count
2005年
04月
14日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第7話『恐怖するメイド達とドクロのご主人様』
3days 0 count
total 3656 count
2005年
04月
28日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第8話『単なる労働力扱いされて狼狽する初々しいメイド達』
3days 0 count
total 3009 count
2005年
05月
26日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第10話『恥ずべきメイドとプリンセスの矜持』
3days 0 count
total 4821 count
2005年
06月
09日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第11話『自らの高額落札を待つ、金で売り買いされるメイド達』
3days 0 count
total 2956 count
2005年
06月
23日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第12話『運命の落札、メイド・オークション』
3days 0 count
total 3457 count
2005年
07月
07日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第13話『メイド服だけが欲しかったご主人様と、オマケで買われたメイド本人』
3days 0 count
total 3102 count
2005年
07月
21日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第14話『お客様を連中呼ばわりする年配メイドに戸惑うメイ』
3days 0 count
total 2910 count
2005年
08月
04日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第15話『裏道で出会ったメイドは、かつてのオターク族だと名乗る』
3days 0 count
total 2994 count
2005年
08月
18日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第16話『女は男にご奉仕する存在ではないと言い切る謎のメイド』
3days 0 count
total 3460 count
2005年
09月
01日
メイドのプリンセス メイディー・メイ 第17話『ご主人様の仕事と聞いて首をかしげる新米メイド』
3days 0 count
total 3469 count


学校探偵・内山田教諭とスクールファイブ
Amazon.co.jp


小説・火星の地底世界バルシダー
Amazon.co.jp


火星の地底世界の古代王国【合本】
Amazon.co.jp


宇宙重巡洋艦高尾始末記: 辺境艦隊シリーズ合本
Amazon.co.jp


全艦出撃! 大宇宙の守護者: オルランド・スペース・シリーズ合本
Amazon.co.jp


青春小説 北区赤羽私立赤バニ学園: 制服はバニーガール女装
Amazon.co.jp


坂本龍馬対ゾンビ: Japanese Dawn of the Dead
Amazon.co.jp


彼の味方は動物達と月の姫
Amazon.co.jp


小説・宇宙機動遊撃艦隊: ラト姫物語・セラ姫物語合本
Amazon.co.jp


本土決戦1950: 無敵! 日本陸軍ジェット戦闘隊
Amazon.co.jp


魔女と勇者の秘密: 遠野秋彦ファンタジー小説合本
Amazon.co.jp


無敵合体ロボ軍団 ~遠野秋彦ロボット小説合本~
Amazon.co.jp

このコンテンツを書いた遠野秋彦へメッセージを送る

[メッセージ送信フォームを利用する]

メッセージ送信フォームを利用することで、遠野秋彦に対してメッセージを送ることができます。

この機能は、100%確実に遠野秋彦へメッセージを伝達するものではなく、また、確実に遠野秋彦よりの返事を得られるものではないことにご注意ください。

このコンテンツへトラックバックするためのURL

http://mag.autumn.org/tb.aspx/20050512164010
サイトの表紙【小説の洞】の表紙【小説の洞】のコンテンツ全リスト 【小説の洞】の入手全リスト 【小説の洞】のRSS1.0形式の情報このサイトの全キーワードリスト 印刷用ページ

管理者: 遠野秋彦連絡先

Powered by MagSite2 Version 0.36 (Alpha-Test) Copyright (c) 2004-2021 Pie Dey.Co.,Ltd.